“バブリーダンス”の登美丘高校ダンス部コーチakane、AKB横山のダンスに「心が持っていかれた」

3月27日放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、昭和アイドルのヒット曲に合わせて、AKB各チームを代表する精鋭メンバーがダンススキルでバトルする「昭和アイドルソング ダンスバトルGP」が行われ、前回(2年前)優勝の横山結衣、中野郁海に今回は山田菜々美を加えた大本命のチーム8(1)が「1986年のマリリン/本田美奈子.」でエントリー。横山が高いダンススキルを見せた。

【写真】高いダンススキルを見せた横山由依(写真はイベント時のもの)

審査を担当するのは、登美丘高校ダンス部コーチで話題の振付師・akane、世界大会での優勝経験を持つストリートダンスのカリスマ・FISHBOY、欅坂46や坂道AKBの振付も担当し、世界のマドンナも認めたダンサー・TAKAHIROと、本気の3名が審査員として登場。

司会の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)からダンスポイントを聞かれた横山は、オープニングのバイブレーションダンスや中野・山田のコンビ技の他に「後半の方に3人で腕を(高速で)回す振りがあるんですけど、そこがすごいみんなでいっぱい揃えて頑張ったので」と自信を持って答えた。

3人のダンスが終わり、村本は「なんかさ、横山さんはそうやけどさ、セクシーな、年齢とか関係のないアイドルがいるみたいな、そう言う存在というか、くそー言葉が欲しい。人に伝わる言葉が欲しい」と、ダンスのすごさを言い表せない自分に悔しがる一面を見せる。

続けて村本が審査員のakaneに振ると「いやーもう初めのあの瞬間から、もう心が持っていかれました。まずパフォーマンスとして、曲があって、踊りがあってっていう全てがこうマッチしてて良かったなっていう風に思いました」と感想を残し、FISHBOYは「素晴らしいですね。この作品はとっても良いですね」と絶賛。

中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)が「けなすやつも1つ入れてもらって良いですか?」と言うと、FISHBOYは「これ難しいですよ。ちっちゃい事を言うようになっちゃうんで、これは勢いでいっちゃった方がいい」と現時点でマイナスポイントはないとの見解を示す。

最後にTAKAHIROが「まずは歌が始まる直前のイントロで音を早取ってしまった。気持ちのはやりが頭に出ていたのが見られました。あとは“誰も知らない”って歌詞のところが、ちょっと音に対して動きが弱かったり、サビ前の音の取り方が弱かった。所々音に対して動きが弱い部分が見られました」と、厳しめのコメントを残した。

これに村本が「今回ちょっと厳しくないですか?」と聞くと、FISHBOYが「欲張ってますよね、多分。(3人に)可能性が見えてるから、逆にこう育てたくなっちゃってる」とフォロー。TAKAHROは笑顔を浮かべながらも真面目な表情で頷き、この意見に納得。

バトルの判定は、AKB48チームを破ったHKT48チームを3対0で下し、見事チーム8(1)が暫定チャンピオンに。村本が、チーム8(1)に票を入れたTAKAHIROに驚くと、TAKAHIROは「はじめにスタンバイして、セットした時に、微動だにしないのを見た時点で、やるな!と思いました」と、3人が醸し出す雰囲気を認める発言を残した。

次回の「AKBINGO!」は4月3日(火)深夜0:59より放送予定。内容は「昭和アイドルソング ダンスバトル」の後半戦を予定。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

登美丘高校ダンス部コーチakane