平野紫耀「運命を感じる」King&Princeデビュー曲『花晴れ』主題歌に大抜擢

アイドルグループ・King&Princeのデビュー曲「シンデレラガール」が、杉咲花主演の新ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系、4月17日スタート、毎週火曜22:00〜)の主題歌に決定したことがわかった。

杉咲が連続ドラマ初主演を果たすことで話題の本作は、日本中に“花男”旋風を巻き起こした、神尾葉子原作の連続ドラマ『花より男子』の新章で、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす痛快青春ラブストーリー。杉咲は、超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の主人公・江戸川音役を、平野紫耀(King&Prince)は神楽木グループの御曹司・神楽木晴役を、中川大志は、音の許婚であると同時に英徳学園を猛追するライバル校・桃乃園学院の生徒会長・馳天馬役を演じる。

今回の情報は、21日に生放送された『CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2018』内にて平野の口から発表。応援に駆けつけた杉咲と中川が激励する中、King&Princeは「シンデレラガール」をテレビ初披露した。

同曲について、平野は「初めて聴いた時“『花のち晴れ』っぽいな”と思っていたので、主題歌に決まったと聞いた時はめちゃくちゃ嬉しかったです。歌詞に“フラワー”や“King&Prince”という言葉が入っているのも、ドラマの世界観に合っていていいなぁと思います。しかも、その曲をこんなに早く皆さんにお披露目できて嬉しいです。デビュー曲が主題歌になるというのは相当珍しいことだと思うので、そんな稀な形でデビュー曲が使われるということに運命を感じますね。この曲を聴いた時に、ドラマのワンシーンや僕らの歌っている姿を思い浮かべてもらえたら。この曲とドラマ『花のち晴れ』が、皆さんの心に残るような作品になったらいいなと思います」と明るく語っていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

King&Princeデビュー曲