吉沢亮、桜井日奈子に胸キュン連発「妖精みたい」

 女優の桜井日奈子、俳優の吉沢亮が21日、都内で行われたW主演映画『ママレード・ボーイ』(4月27日公開 廣木隆一監督)の完成披露舞台あいさつに出席。今作で初主演を飾った桜井は、満席の客席を眺めながら「ここに立てることに喜びを感じています」と笑顔であいさつした。

【写真】優希美青、中山美穂、檀れいらも登壇

 同作は、お互いの両親がパートナーチェンジをし、家族全員が突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希(桜井)と松浦遊(吉沢)が織りなすラブストーリー。複雑な家族関係も劇中の見どころで、中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青ら豪華俳優陣が脇を固める。

 今作で桜井と初共演を果たし、劇中ではキスシーンも披露している吉沢。「ずっとキュンキュンしてました」と撮影時を振り返ると「彼女は“人類じゃない感”というか、美しさもミステリアスで妖精みたいな雰囲気がある」と、独特な表現で桜井の美貌を絶賛した。

 どこか神秘的な雰囲気を感じとったという吉沢だが、桜井と会話を重ねるうちに「すごくノリもいいし、面白いし、人間的。親しみやすくて、かわいらしいと思う瞬間がいっぱいありました」と笑顔。ベタ褒めの嵐に桜井は照れ笑いを浮かべ「妖精みたい自覚? なかったですよ〜。きょうの服のせいですかね?」と、ちゃめっ気たっぷりに笑っていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

胸キュン連発