岩田剛典&土村芳、大阪→福岡→名古屋の『冬きみ』“弾丸”舞台挨拶を実施!「まだまだたくさんの人に観てほしい」

【詳細】他の写真はこちら

3月17日、映画『去年の冬、きみと別れ』の大ヒットを記念して、大阪・福岡・名古屋の三大都市にて、“弾丸”舞台挨拶が実施された。

舞台挨拶に登場したのは、主人公の記者・耶雲恭介を演じた岩田剛典と、耶雲がスクープを狙う猟奇殺人事件の被害者・吉岡亜希子を演じた土村芳(かほ)。亜希子は天才カメラマン・木原坂雄大(斎藤工)のモデルを務めていた盲目の美女で、撮影中にろうそくが転倒し、火の海にまかれて死亡した。

実は、耶雲の元恋人でもあった亜希子。耶雲と亜希子の関係性は公開前にはネタバレに繋がるため、岩田と土村揃っての登壇イベントは初日舞台挨拶のみだった。

■大阪

まず初めに訪れたのは、大阪。大歓声の中、登場した岩田は「大阪の皆さん、おまたせいたしました(笑)。おはようございます。岩田剛典です」と挨拶し、会場をさらに盛り上げる。土村も「本日は本当にこんなにたくさんの方に観に来ていただけて、とてもうれしく思ってます」と、初めての大阪での舞台挨拶に感慨深げに挨拶。

さらに、大阪での思い出や印象などを尋ねられ、岩田が「昨晩もすき焼き食べに行ったお店に人が集まっていて、見知らぬおばさんにハグされた」という大阪らしいエピソードを披露すると会場は大盛り上がり。土村は大阪の印象を「食べ物がおいしくて、なんですかね、会話が楽しい」と答えると、つかさず岩田が「それってうるさいってこと(笑)?」とツッコみ、会場は笑いに包まれた。

映画鑑賞後の舞台挨拶であり、せっかく訪れたからにはと、来場者から映画の感想を聞くことに。「今日で2回目だけど、前回より味わい深く観れた」「本当に何度も観て答え合わせがしたくなる映画だった」など複数回観たとの感想を受け、「何度も観てもらえると思うし、自信作なのでもっといろんな人に観てほしい」と岩田はコメント。土村も「何度も観てもらえてうれしいです」と笑顔を見せる。

さらには、2人への質疑応答も実施することになり、貴重な機会に来場者全員大興奮! 「もしも映画のように大切な人を失ったらどうなるか」との質問に「法律は犯せないので、心が病んで行くと思う」と岩田。土村は「そこまで愛されてみたい」と答えた。

大盛り上がりの質問大会だったが、会場は惜しまれつつも締め時間に。岩田は「久しぶりの大阪、皆さんの顔を見られてうれしいです。そして、これまで映画の宣伝でダマし、ダマされと言って来ましたが、それに加え、僕は本当に面白いと思う映画が出来たと思ってます。さらに何度も観てほしい」との言葉を残し、短い時間を惜しみながら大阪の会場をあとにした。

■福岡

二番目に訪れたのは、福岡。「福岡の皆さん元気ですか? 何度来ても福岡はご飯が美味しいイメージがある」と福岡の思い出を語る岩田。土村も「以前に撮影で来て、そのときもご飯が美味しかったですよ」との福岡の印象を披露。

公開から1週間を経ての今の気持ちを聞かれ、岩田が「タイトルと、観たあとの内容に戸惑っている人も多いかと思いますが、この作品は心から面白いと思った作品なので、まだまだたくさんの人に観てほしい」と話すと、土村は「今まで自分の役柄的に友達に内容を言えなかったけど、やっと言える! という気持ちです」と、重要な役柄のためなかなか話せないことが多かった苦労を語った。

また、MCからの「騙された人は?」という問いに、会場のほぼ全員が挙手。会場からはオーッの声がこだました。

福岡でも場内から感想を募集し、質疑応答を実施。大阪同様に盛り上がりを見せ、土村は「本当に何度でもおかわりできる作品なので、まだ観てない方も観てほしい」と語り、岩田は「この作品は本当に魂を込めて演じた作品、この作品に出演でき、人生観が変わりました。なのでもっと多くの人に広めてほしい」とメッセージを贈った。

■名古屋

最後の舞台挨拶の地は、名古屋。大歓声と万雷の拍手と会場からの「おかえりー」の声に迎えられ(※名古屋は岩田の地元)「ただいま、名古屋!」と岩田が応えると、会場は大盛り上がり。続けて「大阪、博多、名古屋とまわって、疲れたぁ、福岡から名古屋に来た飛行機なんて本当に小さくてびっくりした。でも楽しかったー。こうして初の単独主演映画で地元に帰ってこれてうれしく思います」と、初の単独主演に対する並々ならぬ熱い想いと共に、地元・名古屋凱旋の心境を露わにした。また、土村は「名古屋コーチンにお味噌にと、食べ物美味しいですよね」とコメントした。

名古屋の舞台挨拶でも感想と質問を募集し、場内は大盛り上がり。これまでの反応を聞かれ、岩田は「いろんな意見をもらっているが、こういう作品に呼ばれて素直にうれしい。自分としても挑戦した、ターニングポイント的な作品です」と、本作への自信を語った。

最後に「観終わったあとに、不思議な感覚になったのではと思います。何度も何度も観てほしい」と土村。そして岩田が「この作品に本当に参加できて良かった。そして今まで貰ったたくさんの感想を、もっと広げて行きたい」と語り、あたたかな空気の中、舞台挨拶は終了した。

今回各地の人々の『冬きみ』に芽生えた愛情を直接受け取り、ふたりもいち映画ファンとして、来場者と意気投合。全舞台挨拶で、あたたかみと深さを持ったトークを展開。大歓声と熱気に包まれながら、岩田と土村は濃密な時間を過ごすこととなった。

愛のために、人はどこまで変わることができるのか――。張り巡らされた謎と罠。真実の先にある究極の愛とは? 映画のタイトルの本当の意味を知ったとき、立ち上がれないほど、心が震える……。映画『去年の冬、きみと別れ』は大ヒット公開中だ。

【ストーリー】

彼女を奪われた。猟奇殺人事件の容疑者に――。

結婚を間近に控える記者、耶雲(岩田剛典)が「最後の冒険」としてスクープを狙うのは、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン、木原坂(斎藤 工)。世間を騒がせたその事件は、謎に満ちたまま事故扱いとされ、迷宮入りとなっていたのだ。真相を暴くため取材にのめり込む耶雲。そして、木原坂の次なるターゲットは愛する婚約者(山本美月)に!

だがそれは、危険な罠の始まりに過ぎなかった。やがて明らかになる驚愕の真実。

事件の被害者である吉岡亜希子(土村芳)は、耶雲のかつての恋人だった――。

映画情報

『去年の冬、きみと別れ』

3月10日(土)全国ロードショー

監督:瀧本智行

脚本:大石哲也

音楽:上野耕路

出演:岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)

山本美月、斎藤工 ・ 浅見れいな / 北村一輝

原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(C)中村文則/幻冬舎

書籍情報

『映画 去年の冬、きみと別れ ビジュアルブック』

発売日:3月1日(木)

価格:本体730円+税

文庫判 / ソフトカバー / オールカラー / 208 ページ

映画『去年の冬、きみと別れ』作品サイト

http://fuyu-kimi.jp

岩田剛典&土村芳、大阪→福岡→名古屋の『冬きみ』“弾丸”舞台挨拶を実施!「まだまだたくさんの人に観てほしい」

岩田剛典&土村芳、大阪→福岡→名古屋の『冬きみ』“弾丸”舞台挨拶を実施!「まだまだたくさんの人に観てほしい」

岩田剛典&土村芳、大阪→福岡→名古屋の『冬きみ』“弾丸”舞台挨拶を実施!「まだまだたくさんの人に観てほしい」

岩田剛典&土村芳、大阪→福岡→名古屋の『冬きみ』“弾丸”舞台挨拶を実施!「まだまだたくさんの人に観てほしい」

Let's block ads! (Why?)

大阪