今野杏南、ベッドでの“攻略法”を手取り足取り伝授 田中圭と濃厚ラブシーン

田中圭が主演を務めるドラマ『不倫食堂』が、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて配信中。第2話では、長野県伊那市で美しい人妻に“ローメンの通な食べ方”を教わっていると、なぜか“女性の扱い方”も手取り足取り教わることになる。

山口譲司原作の同名漫画(集英社/グランドジャンプにて連載中)をドラマ化した本作では、ご当地グルメの美味しさはもちろん、女性が食事をする際の色気を映像で表現。これまでのグルメドラマとは少し異なる“美食×美女”を描く大人のためのグルメ・コメディだ。

田中演じる主人公の山寺は、都内某企業に勤める35歳・妻子持ちの会社員。出張先でご当地グルメの“食べ歩き”を生きがいとしているが、なぜか行く先々で美しい人妻に出会う。そして、ただ美味しく食事をしていただけのはずが、気が付けばその人妻と肌を重ねてしまう事態に……。出張先で訪れる料理と人妻とのただならぬ一期一会。そしてそれに一喜一憂する主人公の姿をコミカルに描く。

第2話の舞台は、長野県伊那市。取引先の社長と接待ゴルフに来ていた山寺は、社長を見送ると、家族に「接待先の社長と食事して帰るので遅くなる」と嘘の連絡をし、さっそく前もって調べてあった店「焼きそば風ローメンのお店 うしお」に向かう。目当ては、知る人ぞ知る名物「ローメン」。伊那市周辺で羊毛生産のため飼育されていた羊の副産物であるマトンと、これまた周辺で育てていたキャベツを具材とした独特な麺料理だ。

店に入るやいなや、山寺はローメンの超盛りを注文。すると、重なるようにローメンの大盛りを注文した女性が隣に座り、それはなんとゴルフ場でキャディを務めていた舞(今野杏南)だった。「主人の帰りが遅くて、よくここでおやつ代わりに食べて帰るんです」という舞は、よく食べているだけあって、ローメンの食べ方を熟知。しかし、“ローメン童貞”である山寺は食べ方を知らない上に、意地を張って「何度も食べてますよ」と言ってしまったため、“通な食べ方”が書かれた紙を隠されてしまう。

そこで山寺は、舞の食べ方をマネしてみることに。ソース、酢、ごま油など、調味料を順番にかけて味を変えて食べる方法が“通な食べ方”だったらしく、山寺は「美味い!」と大絶賛。しかし、マネしていたことは舞にバレており、「マネって大事ですよね。ゴルフも、ローメンも」と言われてしまう。さらに、山寺が「手取り足取り教えてくれてありがとうございました。おかげでゴルフもローメンも、2つのラウンドが楽しめました」とお礼を伝えると、舞に「もう1ラウンドいかがですか?」と誘われる。

そして2人はラブホテルへ。ベッドの中でも“攻略”に困った山寺に、舞は「私が教えてあげる……手取り足取り」と囁き……。 </span>

Let's block ads! (Why?)

田中圭