『99.9』最終回にもプロレスラー 棚橋弘至&タイガーマスク出演

 プロレスラーの棚橋弘至とタイガーマスクが18日放送のTBS系連続ドラマ「日曜劇場『99.9−刑事専門弁護士− SEASONII』」(毎週日曜 後9:00)最終話に出演が決定した。同ドラマはこれまでもIWGP王者「レインメーカー」ことオカダ・カズチカや2年連続でプロレス大賞受賞の快挙を持つ内藤哲也など、トップレスラー達が出演するなど豊富な“プロレスネタ”が登場してきたが、フィナーレを飾る今回、棚橋&タイガーマスクのタッグが実現した。

【写真】監督と棚橋弘至&タイガーマスク選手の3ショット

 同ドラマは2016年4月期に放送された人気シリーズの第2弾。逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく弁護士たちの姿を描いた新感覚・痛快リーガル・エンターテインメント作品となっている。最終回となる第9話にはすでに中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、元横浜DeNAベイスターズの三浦大輔氏などの出演が発表されている。

 今月9日に右膝変形性関節症から電撃復帰を遂げたばかりの棚橋は、国内プロレス界最高峰となるIWGPヘビー級王座の最多戴冠記録保持をはじめ、数々のタイトル歴の持ち主であり、プロレス好き女子(=“プ女子”)ブームの火付け役でもある。「新日本プロレス“100年に一人の逸材”棚橋弘至です。満を持しての登場。いや、念願かなっての登場。しかも最終回!とてもうれしく思います。お楽しみに!では、最後に99.9愛してま〜す!」とノリノリ。

 一方、覆面レスラー・タイガーマスクは、80年代に空前のプロレスブームを起こし、社会現象とまでなった初代タイガーマスクの教えを受けた“直系の虎”で現在、4代目。「今回、最も重要な最終回に出演させていただき、本当に有難うございました!自分は演技と呼べるレベルでは到底無いですが、0.1%のインパクトが残せたらありがたいです」とタイトルに引っ掛けアピール。「松本潤さんを始め、出演者の方々からも暖かく迎えていただき、素晴らしい空間を体験できました。木村監督のプロレス愛も熱く、濃厚な最終回になっていると思います。楽しみにしていてください」と呼びかけている。 </span>

Let's block ads! (Why?)

プロレスラー