五木ひろし、古希になり「早いものですよね」 坂本冬美がお祝い

 演歌歌手の五木ひろしが14日、東京・明治座で行われた『五木ひろし 特別公演 特別出演 坂本冬美』に出演。きょう3月14日に古希(70歳)を迎えた五木は、舞台上で共演の坂本冬美や観客たちから祝いを受けて「早いものですよね」と感慨深げだった。

【写真】ケーキのろうそくを吹き消す五木ひろし

 終盤、五木に呼び込まれてステージに登場した坂本は「70回目のお誕生日おめでとうございます」と祝福し、「70歳とは思えない若々しさで、約半世紀も浮き沈みの激しい芸能界をトップスターとして歩み続けてくださって、私たち後輩にすばらしい背中を見せてくださっております。これからもお体に気をつけて、80歳…それ以上も舞台に立ち続けていただきたい思いでいっぱいでございます」とメッセージを送った。

 観客からもハッピーバースデーの歌で祝われた五木は、「ありがとうございます。いつの間にやら古希を迎えました」としみじみ。「いろんな仕事をしてきましたが、いつも皆さんの支えがあって頑張ってくることができました。皆さんのおかげです」と感謝。声援や拍手を受けて「こんな幸せなことはございません」と喜びを伝えた。

 同公演は、同所にて29日まで上演中。 </span>

Let's block ads! (Why?)

古希