藤原夏海、『メジャーセカンド』試写会で感涙「不安やプレッシャーがあった」

 声優の藤原夏海、西山宏太朗が13日、都内で行われたNHK・Eテレの新アニメ『メジャーセカンド』(4月7日スタート 毎週土 後5:35)試写会後の記者会見に出席した。

【写真】にっこり笑顔も見せた藤原夏海

 満田拓也氏が原作を描く同アニメは、2004年から10年に第6シリーズまで同局で放送された『メジャー』の続編。前作の中心人物である茂野吾郎(森久保祥太郎)の息子・大吾を藤原が、佐藤寿也(森田成一)の息子・光を西山が演じる。

 若手声優の抜てきとあって、放送前から注目を集めている。会見冒頭に「とても素晴らしい作品に関わらせていただきました」とフレッシュにあいさつした藤原だが、作品への思いを語るなかで「とても大きい作品。その続編をやらせていただくことにうれしい気持ちもあったけど、不安やプレッシャーがあった」と本音を漏らし、涙を流した。

 あまりの号泣ぶりに、見かねたスタッフからティッシュが差し出された。「本当にすいません」と照れながら恐縮した藤原は、森久保ら先輩声優からアドバイスを受けたといい「頑張ろうと気合を入れて演じさせていただいた。現場もとても温かく、これからの作品作りも頑張っていきたい」と涙を拭い、言葉に力を込めた。

 そんな藤原をチラリ見て、西山は「歴史ある作品だからこそ、藤原さんも気合が入っている。現場でも明るく振る舞ってくれて、とてもいい雰囲気を作ってくれている」と優しくフォローし「僕も緊張感をもって頑張りたい」と意気込んでいた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

試写会