坂口健太郎主演『シグナル』木村祐一、池田鉄洋ら豪華キャスト出演

坂口健太郎主演の新ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ・フジテレビ系、4月10日スタート、毎週火曜21:00〜)に、木村祐一、池田鉄洋、青野楓、神尾楓珠、甲本雅裕が出演することがわかった。

坂口がテレビドラマ初主演を果たすことで話題の本作は、韓国で権威ある「第52回百想芸術大賞」をはじめ数々の賞を受賞した韓国ドラマ『シグナル』が原作。謎の無線機を通じて、“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の二人が、共に未解決事件を解き明かすことで現実が塗り替えられるという矛盾、さまざまな人間模様が織りなす展開が描かれるヒューマンサスペンス。

主人公は、独学でプロファイリングを学んだ城西警察署の警察官・三枝健人(坂口)。幼い頃に起きた自身も関わりのある女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった過去の事件で心に深い傷を負って以来、警察を全く信用していないが、いつか自らの手で兄の事件の真相を掴みたいと思っている芯の強い男だ。ほかに、健人と時空を超えて交信する城西警察署刑事課の刑事・大山剛志役で北村一輝が、城西警察署に務める桜井美咲役で吉瀬美智子が、警視庁の刑事部長として絶大な権力をふるう中本慎之助役で、渡部篤郎が出演する。

木村が演じるのは、美咲の同僚刑事・山田勉。人探しのプロで、ベテラン刑事であるが、一言多い性格で腰が重い。その一方で、警察官としての正義感は持ち合わせていて、周囲を明るくさせるムードメーカーでもある。健人と同じ長期未解決事件捜査班に配属され、始めは健人のことを鬱陶しく思っているが、事件に向き合う健人の姿勢を見るうちに、次第にサポートするようになる。木村は「実際に放送された作品、そして脚本を読んで“モンスター級のドラマ”だと驚愕し、それに参加できる歓びに浸っております。俳優の皆様とお会いするのも楽しみですし、何よりこの素晴らしい作品を、ほぼ“食後”であろう視聴者の方々にお届けできるのも、大変嬉しく思っております。撮影は過酷なものになると思われますが、美味しいものを一つ二つ提供できれば。全てがお口に合いますように」とコメント。

また池田は、小さな遺留品に着目し、いち早く鑑定に取り掛かるなど、優れた分析力と観察力を持っている冷静な鑑識官・小島信也を演じる。独特な物言いのため、本人の気付いていないところで変わり者扱いされているが、長期未解決捜査班の一員として健人や美咲の捜査に協力し、過去には分析できなかった証拠に光を当てていく。池田は「演じた事のないキャラクターなのでワクワクしております。鑑識官という職業も冷静沈着な性格も、未経験な役柄なので、もしかしたら見ている方が戸惑われるかもしれません。いい意味で期待を裏切っていけたら」と語る。

さらに青野は、美咲の一番の理解者となる慶明大学医学部法医学教室の准教授・安西理香を演じる。未解決事件に限らず、殺人事件が発生した際の検視に人生をかけており、解決されていない事件の遺体の声を聴き「安らかに眠るようにしてあげたい」と強く願っている。これまでアクション要素の多い作品で存在感を示してきた青野は「昔から出演したかった刑事ドラマに出演できると聞いて嬉しかったです。原作を拝見してより楽しみになりました。皆さんの心に残るような作品、役を務めていきたいです」と力を込める。

そして神尾は、ある事件をきっかけに逮捕され、自ら命を絶った健人の兄・三枝亮太を演じる。その死が健人にとって心の傷となり、その後の健人の人生に大きな影響を与える役どころだ。神尾は「出演できることを心から嬉しく思っています! 自分の個性や存在感を示しせるように頑張りたいと思います!! 皆さん、放送開始を楽しみにしていてください!」とアピール。

続いて甲本は、城西署刑事課の係長・岩田一夫を演じる。刑事部長の中本慎之助(渡部篤郎)の手下として、過去の事件の秘密を暴こうとする健人や美咲を見張っている。かつては大山と一緒に捜査に当たっていたが、あることをきっかけに、刑事部長の悪事に手を貸すことになる。甲本は「この作品に参加できる事を凄く楽しみにしていたので、撮影初日は緊張しました! 意気込みすぎず、オリジナルの世界観を守りつつも新しい『シグナル』をお届けできるよう撮影に挑みたいと思います」と語っている。 </span>

Let's block ads! (Why?)

坂口健太郎主演