STU48岩田陽菜、低空飛行の猫ジャンプにまさかの戦力外通告

3月12日深夜に放送された「STU48のセトビンゴ!」(日本テレビ系)は、「瀬戸内猫ちゃん運動会」。猫耳をつけてゲームをするメンバーの姿に、Twitter上では「STUみんな可愛すぎる」「癒やされる」「なにこの神回」「昔のAKBINGO!を思い出させる、これぞアイドル企画」など盛り上がりをみせた。

【写真を見る】審判を務めた岡田奈々は写真集を発売

STU48のホームグラウンドでもある瀬戸内は、尾道や猫島など猫が有名ということで、メンバーが猫になりきって運動会を行おうというのが今回の企画。

デビュー曲でセンターを務める瀧野由美子が率いる青チームと、薮下楓が率いるピンクチームに分かれ、対決形式でゲームを行い、STUキャプテン岡田奈々は審判として、後輩たちの戦いを見守った。

最初は、天井からつるされた魚にジャンプして猫パンチをし、その高さを競い合うゲーム。

競技に入る前にMCのカズレーザー(メイプル超合金)が、「この中で運動神経に自信のある人は?」と聞くと、真っ先に岡山県出身の藤原あずさが手を挙げ「バレーボールを小学校から高校3年生までしていた」と自身たっぷりの様子。

逆に、戦う前に「自信がない」と訴えたのは、山口県出身の岩田陽菜。

カズレーザーから「部活とかもやってなかったの?」と聞かれた岩田は、「やってなかった、早く帰りたかった」と帰宅部だったことを明かした。

その言葉通り岩田は、他のメンバーが次々とクリアする中、最初のチャレンジで全く飛べずに失敗。

「にゃー」と叫びながら両手をあげて低くジャンプする姿に、メンバーたちも大爆笑。さらに失敗したあと同じチームメンバーの元に駆け寄ってきた岩田に対して、この日チームのキャプテンを務めていた薮下は慰めながらも、「あっち行きな」とまさかの戦力外通告。これにはカズレーザーも、「チームから追い出すんじゃないよ」と注意した。

この岩田の低空飛行のジャンプには、「飛べなさすぎてかわいい」「膝曲げただけwww」「陽菜たん、届かにゃーい」などと、番組を見ていたファンたちもTwitter上でツッコミを入れていた。

その後のゲームもメンバーたちは猫になりきりながら戦い、最終的には瀧野が率いた青色チームが勝利。ご褒美として猫写真家の五十嵐健太氏が競技中に撮影した写真でカレンダーを作ることが発表された。

次回の「STU48のセトビンゴ!」は、3月19日(月)深夜1時29分から放送。「瀬戸内 女の歌声自慢」をオンエア予定。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

STU48岩田陽菜