ハマの番長・三浦大輔『99.9』で地上波連ドラ演技初挑戦「マウンドと違った緊張感」

 “ハマの番長”の愛称で親しまれる元横浜DeNAベイスターズで野球解説者の三浦大輔氏が、18日放送のTBS系日曜劇場『99.9−刑事専門弁護士− SEASONII』(毎週日曜 後9:00)最終回2時間スペシャルにゲスト出演することがわかった。三浦氏はこれまでも映画『ROOKIES―卒業―』(2009)への特別出演や、同局ドラマ『花嫁は厄年ッ!』(2006)の撮影が横浜スタジアムで行われた際に本人役出演はあったものの、地上波連ドラで役柄を演じるのはこれが初めてとなる。

【写真】香川照之、木村文乃ら『99.9』キャスト

 三浦氏の役柄と出演内容に関して詳細は明かされていないが、最終回のストーリー展開の中で、松本潤演じる弁護士・深山大翔が事実を調べていくうちに見つけた重要なポイントに関わるキーパーソンとなるよう。撮影を終えた三浦氏は「マウンドとはまた違った緊張感がありましたが、出演者やスタッフの皆さんの支えのおかげで貴重な経験をさせて頂きました! ぜひご覧ください! ヨ・ロ・シ・ク!!」と呼びかけている。

 同ドラマは2016年4月期に放送された人気シリーズ第2弾。日本の刑事裁判における有罪率は99.9%で、いったん起訴されたらほぼ有罪が確定してしまう。そんな残り0.1%に隠された事実に挑む深山ら弁護士たちの姿を描く。

 最終話では母親を殺害された被害者でありながら、父親がその犯人として逮捕・起訴された男・久世亮平(Hey! Say! JUMP・中島裕翔)から弁護の依頼を受ける深山ら。しかし、その依頼を受けることは「再審請求」が必要になることを意味していた。再審請求はいわば『開かずの扉』であり、戦後79年の中で死刑または無期懲役の判決が出た後、再審請求が通り無罪を勝ち取ったのはわずかに9件しかない極めて困難な事例。しかも事件は8年前とあって証拠を集めるのはあまりにも難しいと、佐田(香川照之)は依頼に後ろ向きだが、深山と舞子(木村文乃)はすぐに動き出す。 </span>

Let's block ads! (Why?)

緊張感