「ほんと無理」同年代アンチも多い広瀬すず、また批判される

 女優の広瀬すずが11日、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。東野幸治からの誘いをきっぱりと断り、笑いを誘った。

 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に輝くなど、大活躍中の広瀬。この日の放送では、NHKの朝ドラのヒロインに決まったことで、祝福を受けた。

 すると、広瀬の後ろに座っていた東野が「よかったね、“すずちゃん”」と親しげに声を掛け、広瀬も「うふふ」と笑うなど、なにやら親密な雰囲気に。東野によると、広瀬がまだここまで有名になっていない4、5年前、深夜番組で共演したことがあったようで、「そのときはキャッキャ遊んでた。でも今日、楽屋に来たら、よろしくお願いしますと粛々と…」と感慨深げに語っていた。

 これを聞いた広瀬は楽しそうに、「売れたら、『東京のお父さんは俺って言え』って言われてた」と暴露。続けて、「今日、楽屋に挨拶に行かせて頂いたら『売れておめでとうございます』って目をくりくりさせて…すごい嫌な感じで」と話し、スタジオ内を笑わせた。

 その後、東野から「終わったらご飯でもいこう」と誘われるも、広瀬は「大丈夫です」と拒否。ここでも再び笑いが起こった。

 しかし、ネットではこの広瀬の態度に「大御所とかベテランとかにグイグイいく感じが嫌い」「甘ったれたしゃべり方と性格がほんと無理」と批判的。それもそのはず、広瀬は人気女優でありながらも「10代男女がマジで性格が悪そうだと思う女性芸能人ランキング」ではダントツの1位を獲得するなど、同年代のアンチも多い。

 広瀬を嫌う原因の一つが、2015年に出演したバラエティ番組での一コマが挙げられるだろう。「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることにかけてるんだろう」など、裏方スタッフを軽視する発言をし、それが現在まで悪印象として引きずられている。

 しかし、同業者からは好かれているようで、「若手俳優たちが集まると『広瀬すずと共演したい、一番かわいい』」だなんて話している」(芸能関係者)ことも多いのだそう。

 結局、“悪名は無名に勝る”のが芸能界。広瀬の人気はしばらく続きそうだ。 </span>

Let's block ads! (Why?)

多い広瀬すず