佐藤健、28歳で高校生役に自虐「そろそろ厳しい」

 俳優の佐藤健(28)が11日、人気漫画を実写化した映画『いぬやしき』の新宿プレミアイベントに登場。劇中で、人間をはるかに超越する力を手に入れた高校生・獅子神皓役を演じているが「原作を読んでいて、獅子神皓というキャラクターに魅力を感じていたのですが、年齢が高校生だったので仮に実写化されたとしても自分じゃないと思っていた。そんな時にお話をいただいたので『本当に僕でいいんですか?』と聞き返しました」と振り返った。

【写真】豪華キャスト登場、イベントの模様

 佐藤は続けて「佐藤健、そろそろ高校生厳しいんじゃないかという話をされまして、実際に28なんもんですから、そう言われたらぐうの音も出ない訳です」と自虐気味にポツリ。「獅子神はロボットになって、いろいろ悟った。それで10歳老けたという解釈で見ていただけたらうれしいです」と笑顔で呼びかけた。共演者たちからは大好評で、本郷奏多(27)や二階堂ふみ(23)から「高校生にしか見えなかった」と絶賛されると、たまらず照れ笑いを浮かべていた。

 原作は、『GANTZ』で知られる奥浩哉氏の同名人気漫画。実写映画『GANTZ』でもメガホンをとった佐藤信介氏が同作でも監督を務め、CG・ワイヤーアクションなどの技術を用いて、実写化不可能と言われた原作を映像化した。

 まもなく定年を迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)は、会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓(佐藤)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた…。

 イベントにはそのほか、木梨(56)、三吉彩花(21)、佐藤信介監督(47)も登場。同作は、4月20日より公開される。 </span>

Let's block ads! (Why?)

高校生役