橋本環奈『FINAL CUT』クランクアップ「自分なりにすごく楽しめた」

 女優の橋本環奈が、放送中のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT』(毎週火曜 後9:00)をこのほどクランクアップ。母親の小河原夏美役の長野里美がそろって撮影を終えると、花束を渡され「あっという間に感じましたが、すごく楽しい撮影でした。いろいろと重たいシーンや、最終回に向けて激しいシーンも多かったんですけど、すごく自分なりにも楽しめました。本当に皆さんお疲れさまでした!ありがとうございました!」と達成感をにじませた。

【劇中カット】若葉と雪子、美人姉妹の行方は…

 亀梨和也演じる主人公・中村慶介の母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者らに制裁を加えながら、事件の真犯人を追う姿を描くメディア復讐劇。序盤は、慶介に想いを寄せるかわいらしさや姉・雪子(栗山千明)との仲良しぶりなど微笑ましい場面も多かった橋本演じる若葉だったが、後半になるにつれて物語で重要な役割を担いつつ、次第に暴走していく狂気も演じきった。

 「今、見返してみると、序盤の何も知らない頃の若葉はすごく平和だったなと (笑)。共演者の皆さんとは、『若葉が本当は一番純粋なんじゃないか』って話しているくらい、純粋なあまりに姉の雪子を責めてたり大胆な行動に出たりと、若葉自身もどうしていくのか予測できない状況になっていきます」と紹介。「こんな風な気持ちになっていくんだと、すごく発見の多い役でした」と多面的な若葉役を満喫した。

 6日放送の第8話では慶介への想いが加速した若葉が「『え、そんな行動に出るの?』という、誰もが予想できない行動に出て、主人公の慶介が絶体絶命な状況に陥ります」と予告。「これは本当に見てもらうしかないと思います。ぜひ皆さん楽しみにしていてください!」と、アピールした。 </span>

Let's block ads! (Why?)

自分