『週刊少年ジャンプ』4・23に島袋光年氏の新作読切公開 中野博之編集長「岸本斉史氏の新連載の準備も進行中」

 『週刊少年ジャンプ』編集長の中野博之氏が5日、都内で行われた、新連載や新作読切の魅力を紹介する会『週刊少年ジャンプ50周年 〜その先へ〜』に出席した。50周年イヤーの各企画や、今後の展望について語った。

 1968年7月に創刊され、今年で創刊50周年を迎える『週刊少年ジャンプ』。きょう5日発売の14号から始まる新連載3連弾は、「編集会議満場一致で開始が決定するという、50年の歴史上初めてと言える事態が起きたほど期待が持てるラインナップがそろった」と、中野氏から明かされた。

 創刊50周年記念特別新連載3連弾「ジャンプライジング」として、『週刊少年ジャンプ』で3月からの新連載3作品『呪術廻戦』『ノアズノーツ』『ZIGA』のビジュアルとPV、概要を中野氏が説明。『呪術廻戦』はダークファンタジーで、作者の芥見下々氏は『BLEACH』の久保帯人氏に影響されたエピソードを明かす一幕も。『ノアズノーツ』は、同誌で『クロガネ』『ものの歩』を連載していた池沢春人氏の作品となる。

 そして、今回の目玉となったのが、“食”がテーマの漫画『トリコ』の島袋光年氏の新作読切『ビルドキング』が4月23日発売の21・22合併号に掲載することが発表。今度は衣食住の“住”がテーマになるという。また、中野氏は「春以降も『BLEACH』の久保帯人氏の新作読切を掲載予定で、『NARUTO』の岸本斉史氏の新連載の準備が進行中」と笑顔で話した。

 今後の展望について中野氏は「きょう紹介した企画は、ほんの一角にすぎない。これからも新しい漫画を生み出し、新しい企画を発表して読者と楽しませていきたい」と意気込んだ。

 『週刊少年ジャンプ』は、1968年7月に月2回刊行の『少年ジャンプ』として創刊。1969年から週刊化した。1995年新年3・4合併号では漫画誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年漫画界をけん引し続け、今年で創刊50周年を迎える。 </span>

Let's block ads! (Why?)

新連載