最上もが でんぱ組.inc脱退後初歌唱、7つの職業に七変化

アツギの新ブランド「ATSUGI THE LEG BAR/アツギ・ザ・レッグバー」のデビューを記念して、最上もがを歌と主演に起用したオリジナルミュージックビデオ『柄、じゃない?』を、3月1日に公開した。

2月20日に全国販売を開始した新ブランド「ATSUGI THE LEG BAR」は、脚をきれいに見せるためのプレーン(無地)ストッキングとも、ファッションを楽しむための柄ストッキングとも異なる全く新しいカテゴリーのレッグウェア「プレーンライクストッキング」を提案している。プレーンライクストッキングは、肌なじみのよいデザインを採用しているので、用途を選ばず毎日はけるのが大きな特長。

本ミュージックビデオでは、コーディネートもシーンも選ばず、自分らしく気軽にはける、「プレーンライクストッキング」のコンセプトを、プレーンライクストッキングをはいて様々な職業に七変化する最上もがさんを通じて表現しており、最上が歌唱を務めるのは、アイドルグループ「でんぱ組.inc」脱退以来、初めて。

90年代のワイドショー風番組の中で、最上もがさんが「お天気ガール」「主婦」「宇宙飛行士」「チアリーダー」「バーテンダー」「リケジョ」「キャビンアテンダント」の全7つの職業に扮して登場。この7種類の職業は、プレーンライクストッキングがどんな服装にも、どんなライフシーンにもマッチすることを表現している。

楽曲の作詞/作曲は、「つるうちはな」による書き下ろし。歌詞には、「ダイヤモンド(ダイヤ柄)」「一筋縄じゃない(網柄)」などプレーンライクの柄を盛り込んでおり、「柄、じゃない」が耳に残り、つい口ずさんでしまうような楽曲に仕上がっている。

Let's block ads! (Why?)

最上