RINGOMUSUME、「弘前さくらまつり」100周年に向けた新曲で“死生観”を歌う!?

RINGOMUSUME(りんご娘)が4月3日(火)、18枚目のシングル「101回目の桜」をリリースする。

【写真を見る】「桜のように力強く生きたい」という“死生観”を歌う

本作品は桜を題材に、人とのつながりや人生の儚さを描いた楽曲。作曲はAKB48や嵐らの楽曲を手掛ける多田慎也、編曲は同じくAKB48やSKE48らの編曲を担当する生田真心で、16枚目のシングル「Ringo star」以来のコンビによる制作となる。

作詞は、所属事務所代表・樋川新一氏と多田慎也の共作。RINGOMUSUMEの故郷、青森・弘前には「日本一の桜」とも称される「弘前さくらまつり」があり、毎年200万人以上が世界中から訪れる観光の名所となっている。

そこで、青森の厳しい寒さを耐え、毎年見事な花を咲かせる桜と、限りある人間の一生を対比させ、桜のように力強く生きたいという“死生観”をテーマに歌詞が作り上げられた。

また、「弘前さくらまつり」が2018年で100周年を迎えることもあり、今回のシングルには「メモリアルな年だからこそ、100回目も、101回目も大切な人と日本の桜を見にきてほしい」というメッセージも込められている。

リリースに合わせて、RINGOMUSUMEは3月24日(土)のHMV record shop 渋谷をはじめ、東京を中心にリリースイベントを開催。また、4月8日には弘前の弘前中三スペースアストロでワンマンライブ「RINGOSTARS vol.2」を行う。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

RINGOMUSUME