NEWS小山×KAT-TUN中丸のタッグ再び 増田貴久はキケンなアマゾンロケへ

 人気グループ・NEWSの小山慶一郎とKAT-TUNの中丸雄一が3月21日に放送されるフジテレビ系スペシャルバラエティー番組『おたすけJAPAN』でMCを務める。昨年6月に放送された第1弾に引き続き、世界の国々で困っている人の役に立つべく日本の技術者や職人が現地で問題を解決していく。彼らに同行する“お助けサポーター”として今回はNEWSの増田貴久が「現地の殺人巨大魚を捕らえて、日本料理の技法を使って現地の子どもたちにおいしく食べさせたい」というSOSを受けてキケンなアマゾンロケに挑む。

【写真】第一弾では篠原信一が奮闘

 
 増田は、和食料理人の鈴木好次とともにペルー北東部の街・イキトスへ。虫や爬虫(はちゅう)類、魚が苦手だという増田だが、アマゾンで暮らすボラ族の人々においしい和食をふるまいたいという思いで、怖がりながらもアマゾン川にいる魚を捕獲するため奮闘。しかし、そのボラ族の人々ですら警戒する危険魚があらわれる事態に…。

 ロケを終え、増田は「少しでもボラ族の皆様のお役に立てていたらいいなと思います。すごく大変なロケでしたが、ペルーでの毎日が刺激的でした。ボラ族の皆さんが教えてくれた事や見せてくれた景色は一生忘れません」としみじみ。印象的なエピソードとして「アマゾン川で漁をしたり船に乗った事です。アマゾン川のカーブにすごく興奮しました」と振り返った。

 番組ではタイからの「3メートルを超えてしまった巨大ワニを別の養殖池へ引っ越してほしい」というこれまた危ないSOSや「フィギュアスケート弱小国のインドネシアの子どもたちにフィギュアスケートの指導してほしい」といったハートフルな“おたすけ”、「肥満に悩むアメリカの女性をやせさせてほしい」といった役にたちそうな“おたすけ”の様子を紹介。事前調査として小山がワニ捕獲を可能にするアイテムとして最新鋭のさすまたの威力を体験したり、中丸がアメリカの女性をやせさせるフィットネス界の鬼スパルタトレーナーの特訓を実戦したりと体を張った姿も披露する。
 
 今年はKAT-TUN再始動、NEWSは15周年の記念すべき年。小山は「お互いKAT-TUNを背負って、NEWSを背負っていて、それはファンの皆さんにとっても喜んでいただけることなのではないかと。たとえば前回はKAT-TUNの上田くんが出たり、今回は増田が出たりして、同じくらいの時期にデビューしたグループ同士が助け合って番組を育んでいくことが、知らない人は知らないけど、知っている人は見ていて喜んでくれるんじゃないかなと思います」とコメント。

 中丸は「充電期間中、小山だけじゃなく他のNEWSのメンバーも気にかけてくれることが多くて、すごく感謝しています。小山は年齢的にもデビューの年も近いですし、心強い相手ですね。これまで経験したことも重なることがあって、自分にとって貴重な存在です。そもそもジャニーズで、他のグループと一緒に何か番組をやるというのがそんなに無いので、そういった意味でも大事にしていきたいなと思います」とかみ締めていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

アマゾンロケ