EXILE/三代目JSB・岩田剛典、『anan』で“官能の瞬間”を体現。「素の自分に近い姿で臨みました」

【詳細】他の写真はこちら

主演を務める映画『去年の冬、きみと別れ』(3月10日全国ロードショー)の公開を控える、岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が、『anan』2093号(3月7日発売)の人気企画「官能の瞬間。」特集に登場。

表紙&16ページの超大ボリュームで、悦びと切なさが溶け合う官能を体現した。

今回、編集部があらかじめカメラマンと決め込んでいたシチュエーションのひとつが、シャワーブースでのガラス越しの「官能」。

本人に受け入れてもらえるか不安があったというが、そんな心配も梅雨知らず、撮影前にひと通りの撮影内容を説明されると、岩田は戸惑いも見せず、男らしく「はい」と気持ちよく受け入れたとのこと。

シャワーブースでの撮影は、岩田とカメラマンのほか最少人数のスタッフの密室状態で行われたため、水の音だけが外に漏れ聞こえてくる状況。編集スタッフはひたすら想像を膨らますばかりだったという。

実際撮影された写真は、ガラス越しの妖艶な表情以外にも、シャワーブースに誘うような挑発的な眼差しや、泣き濡らしたような顔で佇む姿もあったりと、普段は見られない岩田の官能的な表情が目白押し。ベッドの上、シャワーブース……様々なシチュエーションで、ダンスで磨かれた肉体美を披露している。

EXILE/三代目J Soul Brothersの中では王子様キャラで人気の岩田だが、映画『去年の冬、きみと別れ』では従来のイメージを180度覆しかねない強烈なキャラクター=耶雲恭介を熱演。映画とあわせて、『anan』でも、ぜひ岩田の新境地、あらたな魅力を堪能しよう。

岩田剛典 コメント

「撮影には素の自分に近い姿で臨みました」

「肌と肌が触れ合うことによって心が満たされる、その感情が官能だと思います」

(C)マガジンハウス

映画情報

『去年の冬、きみと別れ』

3月10日(土)全国ロードショー

監督:瀧本智行

脚本:大石哲也

音楽:上野耕路

出演:岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)

山本美月、斎藤工 ・ 浅見れいな / 北村一輝

原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(C)中村文則/幻冬舎

映画『去年の冬、きみと別れ』作品サイト

http://fuyu-kimi.jp

EXILE/三代目JSB・岩田剛典、『anan』で“官能の瞬間”を体現。「素の自分に近い姿で臨みました」
anan2093号(3/7発売号)掲載 (C)マガジンハウス </span>

Let's block ads! (Why?)

瞬間