金メダリスト・小平奈緒、平昌五輪初の世界大会に挑む!フジで放送決定

平昌五輪で日本人選手が見せたメダルラッシュに日本中が沸き、一躍国民的スポーツとなったスピードスケート。フジテレビ系では2004年より「世界スプリントスピード選手権」が放送されてきたが、平昌五輪後、初の世界大会となる『世界スプリントスピードスケート選手権2018』(3月3日・4日、中国・長春にて開催)の模様が、3月4日(日)19時57分より放送されることがわかった。

2日間にわたって開催される同大会には、男女28名が参加。男女500メートル、1000メートルをそれぞれ2回ずつ滑り、タイムをポイント化した総合得点で順位が決定、氷上のスプリント王(女王)が決まる。

番組では、平昌五輪・女子500メートルで日本女子として初の金メダル獲得という快挙を成し遂げ、前大会の優勝者でもある小平奈緒選手の大会連覇と、五輪後に「世界記録に挑戦する」と宣言したように、小平選手自身が持つ1000メートルという世界記録更新のかかった、熱い2日間の模様を放送。小平選手のほか、郷亜里沙選手、山中大地選手、長谷川翼選手も日本人選手として出場が想定されている。また、平昌五輪・女子1000メートルで小平選手、?木美帆選手と女子1000メートルで争い、金メダルを獲得したヨリン・テルモルス選手(オランダ)も出場する。

なお、この日放送を予定していた『最強FBI緊急捜査(仮)』は後日放送されるという。 </span>

Let's block ads! (Why?)

放送決定