テニスなどで見る選手のカメラレンズにサインする行為に意外な事実が判明

人気芸人のバナナマンがMCを務め、世の中のありとあらゆるものの「ソノサキ」にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティー『ソノサキ 〜知りたい見たいを大追跡!〜』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15〜)。2月26日の放送では、IKKOと斎藤司(トレンディエンジェル)をゲストに迎え、ちゃんぽんで有名な外食チェーンの「ミステリー工場ツアー」を敢行。美味しさや食感に隠された秘密を謎解きテイストで解き明かしていく。

最初の“ソノサキ”は、「大好きだから知りたいんです!ソノサキ・ミステリーファンツアー」の企画で、今回はサラリーマンからOLまで大人気の「ちゃんぽん」で有名な外食チェーンの工場に、金子貴俊、岡井千聖、そして80年代に神業的なゲームの腕前「16連射」で注目を浴びた高橋名人の3人が潜入する。

社員から次々に出題される問題に答えながら工場のソノサキを探訪。スタジオでも謎解きに挑戦し、チャーハンのパラパラの秘密、餃子の皮のパリパリの秘密などを試食しながら考える。

また、視聴者の“気になること”を調べる「視聴者投稿のソノサキ」では、スポーツ選手がカメラのレンズに書いたサインのソノサキを追跡。テニスの試合などで良く見かける、勝利選手がカメラにサインをするこの行為。そもそもレンズに直接書いているのか? それとも特殊な仕組みがあるのか? 知られざるカメラサインの“ソノサキ”が明らかとなる。 </span>

Let's block ads! (Why?)

テニス