金メダリスト・小平奈緒選手、平昌後初の世界大会の3・4放送

 平昌五輪で日本人選手のメダルラッシュがに沸いたスピードスケート。500メートルで日本女子として初の金メダル獲得という快挙を成し遂げた小平奈緒選手が出場する、『世界スプリントスピードスケート選手権大会2018』(3月3日・4日、中国・長春で開催)の模様が3月4日(後7:57〜9:54)、フジテレビ系で急きょ放送されることになった。当初、放送を予定していた『最強FBI緊急捜査(仮)』は後日放送される予定。詳細は決まり次第、同局公式ホームページ等で告知する。

【写真】小平奈緒選手(クローズアップ)

 『世界スプリントスピードスケート選手権大会2018』の見どころは、平昌五輪(2月25日閉幕)後に初めて行われる世界大会であること。男女500メートル、1000メートルの競技が行われ、氷上のスプリント王&女王が決まる。注目は金メダルを獲得したばかりの小平選手。昨年、自身の日本記録を更新し日本人女子選手として初めて制覇した大会で、今回も優勝が有力視されている。小平選手も五輪後に「世界記録に挑戦する」と宣言しており、大会連覇と自身が持つ世界記録更新という自分を越えるたたかいに挑む。平昌・女子1000メートルで小平選手(銀)、高木美帆選手(銅)をおさえて金メダルを獲得したヨリン・テルモルス選手(オランダ)も出場する予定だ。

 大会は、2日間にわたって開催され、男女28人が参加。2日間で500メートル、1000メートルをそれぞれ2回ずつ滑り、タイムをポイント化した総合得点で順位が決まる。番組では、2日間の戦いの模様をまとめて放送する。 </span>

Let's block ads! (Why?)

小平奈緒選手