元乃木坂46・深川麻衣、映画『パンバス』の“恋愛こじらせ”系ヒロインと、自身の共通点を語る

【詳細】他の写真はこちら

乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務め、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎と共演する映画としても注目を集める『パンとバスと2度目のハツコイ』が、2月17日より全国公開。

このたび、本作の主演を務めた深川麻衣が、役柄との共通点を語ったコメントと、メイキング&場面写真が解禁された。

本作は「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と独自の結婚観を持つ市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日まさかの再会。妹や同級生など周囲を巻き込みながらの“恋愛こじらせ女子”の恋愛模様を描く“モヤキュン”ラブストーリー。恋愛映画の旗手として注目を集める監督・今泉力哉が個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と、独特の空気感で描く完全オリジナル作品で、切なくも笑える新しい恋愛群像劇が誕生した。

深川が演じる市井ふみのキャラクターは、今泉監督が事前に深川と話した彼女の人生を反映している部分が少なくないとのことで、“出身地が静岡” “過去に美術を習っていた”など、本人との共通点が多い。

また、年齢も深川と合わせており、ふみが結婚や孤独について悩むことについては「20代で、私の周りの友達とかも結婚している子とか、結婚を考えている子っていうのがすごく増えてきていたので、自分にとっても自分の周りにとってもすごくリアルに感じられて共感できる」とコメント。

いわゆる“恋愛こじらせ女子”なふみとの共通点については「あんまり、思っていることをそのまま表に出すタイプじゃないってところが、似ているんじゃないかって思っています。ふみは結構、心の中では思っていることがあっても冷静でいて、そんなに喜怒哀楽が激しいタイプではなかったので、そこが普段の自分と似ているのでは、って思います」と役柄を振り返っている。

今回あわせて解禁となった写真は、たもつが働くバス会社の前でパンを食べながら佇むふみの姿を捉えた場面写真と、カメラに向かってピースサインを向ける深川のお茶目な一面を見せる貴重なメイキングカット。

「バスの洗車を見るのが好き」というふみが、仕事終わりに、パンを食べながらバスの洗車を眺める、彼女の日常を映し出すシーンで、その素朴な雰囲気が見る者の心を落ち着かせてくれる。

もう1点のメイキングカットは、まるでジャケット写真のような爽やかで清々しい甘酸っぱさを残す美しい1枚。フレッシュな瑞々しさが弾ける深川の魅力が凝縮されたカットとなっている。

映画情報

『パンとバスと2度目のハツコイ』

2月17日(土)よりイオンシネマにて全国公開中

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉

主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)

(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』作品サイト

http://www.pan-bus.com/

深川麻衣 Instagram

https://www.instagram.com/fukagawamai.official/?hl=ja

山下健二郎 Instagram

https://www.instagram.com/3jsb_kenjiro_official/?hl=ja

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE

http://jsoulb.jp/

元乃木坂46・深川麻衣、映画『パンバス』の“恋愛こじらせ”系ヒロインと、自身の共通点を語る

Let's block ads! (Why?)

恋愛