和田アキ子『サンジャポ』にオンエア厳命 『アッコ』直前は「楽屋におんねんで」

 デビュー50周年プロジェクト真っ只中の歌手・和田アキ子(67)が22日、都内スタジオで5月23日に発売する新シングル「愛を頑張って」の公開ジャケット収録に参加。囲み取材でTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前10:00)から直撃されると和田は「サンジャポ使えよ!」と、番組内で紹介することを厳命して、会場を笑わせた。

【写真】元気いっぱいのボイメン研究生

 コラボしたBOYS AND MEN 研究生と共に囲み取材に参加。“両手に花”状態の中、和田はサンジャポの記者から「アッコさんの心の鐘を鳴らすのは、どなたですか?」と直撃されると、苦笑いの和田は「一人じゃ鳴らせません。10人が束になってかかってこないと鳴らせないですよ」ときっぱり。そして「サンジャポ使えよ! ちゃんと。オンエアしてるとき、おんねんで(TBSの)楽屋に。爆笑問題にも言って使えよ。プロデューサーも仲いいんだから」と『アッコにおまかせ!』(毎週日曜 前11:45)に出演するため、同じ局内にいることをチラつかせると会場は大爆笑となった。

 さらにサンジャポから「デビュー半世紀で一番、反省したいことは?」とダジャレで質問されると「いっぱいあるから、わからない。後でマネージャーに聞いてください」とにこやかに回答し、再び笑わせていた。

 コラボの経緯は、昨年秋にBOYS AND MEN 研究生が、和田が1974年にリリースした代表曲「古い日記」をカバー。それを聴いた和田は「40数年前の楽曲が現代のサウンドとしっかり絡み合い、とても面白い! そして何より、こうやって若い世代に歌い継いでもらうことが本当にうれしい」と話したという。

 そこでボイメンのプロデューサーがコラボを打診。和田も快諾して「和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生」という年の差が最大50歳以上という奇跡のユニットが実現した。「老若男女の背中を押すメッセージ・ソング。元気のない人を勇気づけたい」と曲について語っていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

楽屋