フリーアナ飽和状態!生き残りをかけてプライベートの切り売りが始まる

 13日、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にフリーアナウンサーの本田朋子と平井理央が出演し、フジテレビ時代の意外な関係性を暴露した。

 本田は平井より後輩という立場だが、「フジは先輩、後輩関係があまりない」と明かし、平井のことを「理央ちゃん」と呼んでいるそう。時々ランチも一緒に取ると話し、仲の良さをアピールしていた。

 そんな話を平井も嬉しそうに聞いていたのだが、本田が「久々にお昼おごるよって、理央ちゃんに言われて、珍しいなと思って一緒に食べに行ったら、理央ちゃんの財布に180円しか入ってなくて…」と話すと事態は一変。結局、平井に「朋ちゃんおごって」と言われ、後輩である本田が支払いを済ませたという。

 そんな平井のちゃっかりさを見て、本田は「先輩風ビュンビュン吹かせてくるくせに、お金持ってないし、おごらせるし。社会人としてどうなの?って思います」とご立腹。司会の明石家さんまからも「平井は男におごられ慣れてるから、そうなるんやろ?」とツッコミを入れられ、平井は「違います! ただ、ズボラなだけです!」と否定するしかなかった。

 これまではアナウンサーがフリーになっても、仕事の軸は局アナ時代とそこまで変わらず、バラエティ番組にゲストとして出演することは少なかった。しかし、今はフリーアナウンサーが飽和状態。番組の出演依頼を受けたら、なんとか爪痕を残そうとしているのだろう。

 「フリーの中では、カトパンこと加藤綾子が頭一つ飛び抜けている感じですね。アシスタントMCとしても間の取り方が上手ですし、喋りもイケます。バラエティなら、なんだかんだで、田中みな実が一番使えます。イジられ役に徹することができますし。あとは、川田裕美も出過ぎない感がいいと、芸人たちから評判ですよ」(テレビ関係者)

 特に本田は、「みなおか」の終了も決まり、番組出演の機会も減りそうだ。業界では、日テレの水卜麻美アナがそろそろフリーになるのではという話もあり、皆、気が気ではないはず…。 </span>

Let's block ads! (Why?)

フリーアナ飽和状態