なぜ元女子アナは海外に移住する?中野美奈子がシンガポールを紹介

 2月13日放送の『有吉のダレトク!?』(フジテレビ系)に、元フジテレビアナウンサーの中野美奈子が出演した。現在、シンガポール在住の中野は、現地に住んでいないとわからない穴場的な温泉スポットを紹介した。

 久しぶりのテレビ登場に、ネット上では「相変わらずかわいいな」「海外住んでると日本のストレスがないからか生き生きとしてる」といった声が聞こえてくる。中野に限らず、海外に拠点を移す女子アナウンサーは少なくない。

 「女子アナの移住先としてまず思い浮かぶのは、フランスのパリでしょう。フジテレビアナウンサーだった中村江里子は、1999年に同局を退社。フランス人男性と結婚し、現在はパリ在住であり、フォトエッセイも多く上梓しています。同地で化粧品ブランドの経営も手がけていますね。天然ボケキャラで一世を風靡したTBSの雨宮塔子も、1999年に退社後、絵画の勉強のためにフランスに渡り、現地在住の日本人男性と結婚します。その後は長くフランスに住んでいましたが、現在は『NEWS23』(TBS系)出演のため、拠点を日本に移していますね」(放送作家)

 フランスのパリばかりではない。日本から見て地球の裏側にある南米大陸に渡った女子アナもいる。

 「清純派キャラで人気を博したTBSの竹内香苗ですね。夫のブラジルサンパウロへの転勤にともない、2012年にTBSを退社。現在はアルゼンチンのブエノスアイレスに滞在しています。ブラジル滞在時代には現地の日本語新聞でコラム連載を持つなど活躍していました。もともと英語に堪能な人物でしたが、現在はスペイン語の勉強も続けているようですから、今後の活躍が期待されますね」(前出・同)

 女子アナたちの中には、持ち前の知名度、アナウンス力に加えて「地の利」を生かした仕事をする人間も多いといえるだろう。 </span>

Let's block ads! (Why?)

海外