長谷川純、瀧本美織の“越路吹雪”を絶讃「思わず息をのむ美しさ!」

実力派俳優・長谷川純が、現在放送中の帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月〜金、12:30〜12:50)の主人公・越路吹雪の最愛の夫・内藤法美の青年期を演じることがわかった。

この作品は、昭和の歌姫・越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”がたどった波乱万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を描くドラマ。今年1月8日からスタートし、現在は、瀧本美織が宝塚のスターとして花開いた越路吹雪を演じているが、越路はその後、新たな世界を求めて宝塚を退団。映画、ミュージカル、リサイタルなどで活躍し、国民的大スターに成長していくが、いくつかの恋を経て、内藤と運命の出会いを果たすことになる。

この青年期に瀧本演じる越路と出会う、“将来の夫”内藤を長谷川が演じる。内藤は、作曲家、編曲家、ピアニストとして活躍した音楽家で、ラテンバンド「東京キューバン・ボーイズ」時代に越路と出会って愛を育み、1959年結婚。彼女が1980年に他界するまで、リサイタルの構成や編曲、指揮などを手がけ、マネージャー・岩谷時子と共に越路を支え続けた人物だ。長谷川は、まだ2人が結婚する前の恋人時代――。越路と内藤が出会い、仕事を共にするうち、いつしか恋に落ちていく様を繊細な演技で表現していく。

ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』シリーズ(TBS)をはじめ、ドラマ、映画、舞台など数々の作品で高い演技力を発揮してきた長谷川。内藤の青年期を演じるにあたり、「“越路吹雪さんへのピュアで真っ直ぐな気持ち”と、“プライベートの時の河野美保子さん”という魅力的な女性と会った際に生じるリアルな心の機微を大切に」考え、真摯に役柄に向かったことを告白。演奏シーンもあるため、シャンソンの名曲「愛の讃歌」「幸福を売る男」や、ラテン音楽「テキーラ」などのピアノ練習にも初挑戦しており、ピアノの面白さに目覚め「素晴らしい楽器に出会うことができたので、これからもピアノを続けていこうかな」と語るほど、夢中になって演じたことを明かしている。また、瀧本との共演については、「心から音楽を愛し、歌うことが大好きな“越路吹雪オーラ”を全身に纏っている瀧本美織さんは、いつも側から見ていてとても眩しく、キラキラと輝いていました。ステージでは本当に大輪の薔薇が咲き誇ったかのような姿で、思わず息をのむ美しさでした!」とコメントしている。

長谷川は、第8週の2月27日からの登場で、2人の“運命の恋”が描かれるドラマ展開に注目だ。 </span>

Let's block ads! (Why?)

長谷川純