UNIDOL決勝直前、アイドル好き⼥⼦⼤⽣が選んだ「いま⼀番◯◯なアイドルランキング」公開

UNIDOL実行委員会は、大学生主催の大学対抗女子大生アイドルコピーダンス日本一決定戦「UNIDOL(ユニドル)2017-18 Valentine決勝戦/敗者復活戦」を2月14日(水)に新木場STUDIO COASTにて開催致する。

今大会は、全国5大都市(東京・大阪・愛知・福岡・北海道)で開催し、65大学76チームが出場した各地方予選を勝ち抜いた14チーム、同日開催の敗者復活戦を勝ち抜いた3チームが決勝戦に出場する。中でも決勝戦に出場する東京大学「東大CHOCO=CROW(トウダイチョコクロ)」は、今回初出場ながら激戦の関東予選3日目を2位で通過し、11日に行われた東京大学の学園祭「駒場祭」でのステージの様子がフジテレビ系列「めざましテレビ」にて取り上げられるなど、注目のグループとなっている。

そしてこの度、UNIDOL実行委員会は、アイドルが好きで大学生活の青春をかけて「UNIDOL」に出場する全国のアイドル好き女子大生100人に、決勝戦開催直前調査として「いま一番コピーしたいアイドルソング」「いま一番ダンスが上手いと思う女性アイドル」「いま一番SNSの使い方が上手いと思う女性アイドル」「いま一番顔が可愛いと思う女性アイドル」「いま一番コピーされている女性アイドルグループ」についてアンケートを実施し、女子大生の“生”の声を反映したアイドルランキングを作成した。

「いま一番コピーしたいアイドルソング」は、欅坂46の『不協和音』が1位、2位には乃木坂46の『インフルエンサー』、3位には欅坂46の『風に吹かれても』と坂道グループがTOP3を独占する結果に。その他のランキングでも、「いま一番ダンスが上手いと思う女性アイドル」の2位に平手友梨奈(欅坂46)がランクインし、「いま一番顔が可愛いと思う女性アイドル」は白石麻衣(乃木坂46)のダントツ1位を筆頭に、4位に齋藤飛鳥(乃木坂46)、5位西野七瀬(乃木坂46)、6位長濱ねる(欅坂46)、9位渡辺梨加(欅坂46)がランクインし、TOP10の半数を坂道グループが占めた。昨年末の「第59回輝く!日本レコード大賞」でも乃木坂46が大賞を受賞したが、改めて昨今のアイドル業界は坂道グループが牽引していることが女子大生の声からも明らかになった。

一方、「コピーしたいアイドルソング」のTOP10に5曲、「ダンスが上手い」のTOP10に5名、「コピーされているアイドルグループ」に3グループがランクインするなど、ハロー!プロジェクトの根強い人気も顕著に。個人では「ダンスが上手い」で1位、「SNSが上手い」で4位、「顔が可愛い」で2位となり個人3部門ですべて上位に入った山本彩(NMB48)の人気ぶりが伺える。

尚、2月14日に開催する「UNIDOL2017-18 Valentine決勝戦/敗者復活戦」では、ランキングにも入ったNMB48や℃-ute、アンジュルムなども出演経験のあるシークレットゲストとして当日はプロのアイドルを招き(出演まで非公開)、パフォーマンスを披露してもらう。アイドル文化の隙間から生まれたスポーツ大会」とも言えるUNIDOLでしか体験できない、女子大生の勝負への執念と青春模様を是非ご覧いただきたい。

Let's block ads! (Why?)

アイドル