板野友美、人生初の工場見学ロケ!キューブ型チョコを追跡

元AKB48の板野友美が、2月13日放送の『ソノサキ 〜知りたい見たいを大追跡!〜』(テレビ朝日系、毎週火曜23:25〜)に登場。リポーターとして人生初の工場見学ロケに挑むことがわかった。

人気芸人のバナナマン(設楽統、日村勇紀)がMCを務め、世の中のありとあらゆるものの「ソノサキ」にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティー番組。今回は、窪田正孝と小倉優子がゲストで、新コーナーを含むさまざまな気になるソノサキをのぞいていく。

1つめの「ソノサキ」は、放送翌日がバレンタインデーということで、ロングセラーを誇る大人気キューブ型チョコを大追跡。そのチョコの大ファンだという板野が、リポーターとして人生初の工場見学ロケに挑む。

キューブ型チョコが誕生したのは1962年。以来さまざまな味を生み出しているが、今、特に話題なのが、普通の商品の2倍の値段で売られている“プレミアム生チョコ仕立て”だ。一体何がプレミアムなのか、こだわりの素材と製造工程の謎に板野が迫る。

そして、スタジオ企画「将棋のプロ棋士を目指したソノサキ」では、天才中学生棋士・藤井聡太の活躍や羽生善治の国民栄誉賞受賞で人気が沸く将棋界にフォーカス。竹俣紅女流初段とスピードワゴンがプレゼンターとしてスタジオに登場し、「もしも自分の子供がプロ棋士を目指したら……」ソノサキどんな世界が待っているのかを紹介する。また、名だたるプロ棋士を育成している名門将棋センターに、アマチュア初段の加藤歩(ザブングル)が潜入。がっぽり稼げる将棋ドリームから、めちゃくちゃシビアな現実まで、気になる将棋界の事情を楽しく解説する。 </span>

Let's block ads! (Why?)

追跡