現役看護師コスプレイヤー・桃月なしこ、テレビ初出演でその美人ぶりが話題に

 現役看護師で人気コスプレイヤーの桃月なしこが、11日放送の『林先生が驚く 初耳学』(毎日放送)で「超美人の初耳ピーポー」としてテレビ初出演を果たした。

【写真】桃月なしこ、雑誌登場時のグラビア写真

 桃月なしこは、看護師を本業とする愛知県の超有名コスプレイヤー。あまりの評判に一般人でありながら『ヤングマガジン』の巻末グラビアを飾ってしまった。番組では桃月が東京へと引っ越す様子や、職場でのまじめな仕事ぶり、コスプレ活動等にカメラが密着。看護師について「やりがいのある大好きな仕事なので一生続けていきたい」と語る姿も紹介された。

 初めてテレビにVTR出演することについて「まさかテレビに出る機会がいただけるだなんて思ってもいなかったです」と驚き、「今回をきっかけに、私のことを少しでも多くの方に知ってもらえたら嬉しいです」と前向き。「最初はすごく緊張して、自分でも何言ってるのかわからないくらいでしたが、何日か密着みたいな感じでスタッフの方と一緒に居て、そしたらスタッフの方々のおかげで段々と楽しさが勝って、いつの間にか緊張も解けていました。スタッフの方々の真剣さやクリエイティブが凄くて、私も集中して初めての収録を終えることができました」と、短いVTRながら、真摯に取材に協力したようだ。

 東京でのグラビア活動のために、地元愛知から引っ越しをする様子も紹介されたが、現在は上京して約2週間ほどの桃月。「慣れない一人暮らし、慣れない東京生活で、戸惑うことばかりです。以前は病院の寮で生活していましたが、車で30分走れば実家に帰れたので、しっかりと親元を離れたのは今回が初めてで。家族が大好きなので毎日寂しい思いをしていますが、頑張っている姿を見せたいので、日々仕事に励んでいます」と語る。

 雑誌グラビアを飾ったことへの反響を聞くと、「今まで肌の露出をほとんどしてなかったため、世に出るのがとても不安でしたが、多くの方に褒めてもらえ、またヤンマガきっかけで私のことを知ってくれた方が増えてすごく嬉しかったです」と喜んでいる。

 そもそも看護師になった理由はと言えば「資格を持っていれば就職先に困らないなと思ったのと、職業を聞かれた時に看護師ですって答えられたらかっこいいと思って(笑)」と冗談めかして言うが、「最近病院を転院して科が変わり、仕事も全て一から覚えなければいけないため大変ですが、患者さんにありがとうと言ってもらえるので、とてもやりがいを感じています」と、まじめに打ち込んでいる。そして「看護師の仕事も芸能の仕事もやりがいがあって楽しいので、どちらも全力で頑張っていきたいです」と目標を語った。

■桃月なしこプロフィール
1995年11月8日生まれ、愛知県出身
身長160cm B:84・W:60・H:83
職業 現役看護師・コスプレイヤー

【関連記事】

Let's block ads! (Why?)

しこ