NGT48荻野由佳、北原里英主演の衝撃作に「里英さんにこんな一面があるんだ」

NGT48・北原里英が主演を務める映画「サニー/32」が、ちょうど1年前に撮影が行われた新潟にて2月9日より先行公開された。それに伴い北原と白石和彌監督、そして先行公開初日を祝して、応援ゲストとしてNGT48のメンバーである荻野由佳と加藤美南も登壇し、サプライズレターを披露するなどして会場を沸かせた。

【写真を見る】北原里英は「この映画は私の宝物」と万感の思いを明かした/(C)2018『サニー/32』製作委員会

新潟での先行公開初日を迎え、北原は「撮影中は過酷な環境ではありましたが、白石監督作品に主演として参加させていただけている時間は夢のようでした。この映画は私の宝物で、初日を迎えて自分の手から離れていく感覚が少し寂しかったりもします。

でもこれからはたくさんの方にご覧いただくことで作品が育っていくのだと思います。みなさんにかわいがっていただけたらうれしいです」と心境を語った。

新潟は白石監督にとってもゆかりのある場所とのことで「助監督時代に新潟へよく撮影に来ていて、映画人生のスタートの地とも言えるここ新潟で監督作品として撮影したいと思っていました。北原さんを主演に迎え、新潟で撮影をした作品がこうして初日を迎え本当にうれしいです」と、初日を迎えた心境を語った。

また、この日は先行公開初日を祝して、北原が所属するNGT48から荻野、加藤の2人が応援ゲストとして駆け付け、北原と白石監督へ花束を手渡した。2人から映画に対してのコメントが寄せられ、荻野は「映画を見せていただいて、里英さんにこんな一面があるんだ、こんな役を演じられるんだ、と不思議な気持ちでした。映画もワクワク・ドキドキ・ハラハラがいっぱいで…」と語り、自身の目を覆いながら「ワッ! ヒィー!! キャー!!!」と、「サニー/32」を見た人はどうなるのかを表現し、「本当に最後まで目が離せない映画、『サニー/32』でした」と胸を張って語り、会場を盛り上げた。

一方の加藤は見たことのないタイプの作品だったようで「新潟県で撮影されて、里英さんが主演で、これは新潟県民全員に見てもらいたいなと思いました。

私は怖い映画を見たことがなくて、初めてだったのですが、アトラクションに乗っている時って気持ちが急上昇、急降下しますけど、この映画もそうで、こんなに心からエネルギーを使う映画ってあるのかと思いました。怖いシーンがあるかもしれないけど、一瞬も目を離さないで見てください!」と自身が受けた衝撃と共に作品の魅力を語った。

さらに、4月にNGT48、ならびにAKB48グループからの卒業コンサートを控え、女優としてのスタートを切る北原に向けて、NGT48の副キャプテンとして北原と共にグループを引っ張る荻野が、北原への思いを込めた手紙をサプライズで披露した。

「卒業をする事は寂しいですが、私たちが、女優・北原里英の一番の応援団になります。私たちを幸せにしてくれた以上に、新潟から全国へ、たくさんの人を幸せにできるすてきな女優さんになってください」とエールを送った。

最後に北原は「今日からは『サニー/32』は見てくださった皆さまのものになっていくと思います。いろいろな感想が出る作品だと思いますが、その全てを受け止めたいと思いますので、先の読めないストーリーを、1秒足りとも目を離さずに見てもらえたらうれしいです」と締めのメッセージを集まった会場へ届け、イベントは幕を閉じた。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

NGT48荻野由佳