10代の世界王者が誕生する!? スノーボード【平昌五輪みどころ】

いよいよ開幕した平昌オリンピックをもっと楽しむため、日本人の活躍が期待される競技を中心に「ザテレビジョン」が見どころやルールを解説する。今回は「スノーボード」を紹介!

【写真を見る】前回大会銀の平野歩夢。今回は金メダル獲得を目指す/写真=佐藤浩之/アフロ

■ 華麗かつアクロバティックな種目が満載!若手からベテランまで期待の日本人も多数

豪快な空中技で芸術性を競い合うハーフパイプ、ビッグエア、スロープスタイル、疾走してタイムを争うパラレル大回転、クロスなど、華やかさに満ちた計5種目が行われるスノーボード。平野歩夢、竹内智香ら日本人のメダル候補も多数スタンバイしており、さまざまな角度から楽しめること間違いなし! 異次元のスーパートリックが次々と繰り出される新種目ビッグエアも必見!

■ 「スノーボード」注目選手を紹介!

●ハーフパイプ 平野歩夢(ひらの あゆむ)(19)

15歳で出場した'14年ソチ五輪で銀メダルに輝き、雪上競技史上最年少の五輪メダリストとなった天才。1月末に行われた世界最高峰の競技会「冬季Xゲーム」では、4回転技を連続でつなげる前人未到の離れ業をやってのけ、優勝。金メダルへの準備は完全に整った!

●ハーフパイプ 戸塚優斗(とつか ゆうと)(16)

今季からW杯に参戦し、いきなり種目別優勝を果たした期待の超新星。開幕戦で優勝したほか、4戦に出場して2位が1度、3位が2度と安定した成績を残した。「ダブルコーク1440」といった大技も決めており、平野と共に表彰台を狙う。

●スロープスタイル、ビッグエア 國武大晃(くにたけ ひろあき)(15)

日本選手団最年少の15歳。今季、スロープスタイルのW杯で準優勝し、メダル候補に名乗りを上げたシンデレラボーイ。ビッグエアにも出場するなど天性の才能と器用さを持つ。若さはじける攻めの滑りも持ち味。

●スロープスタイル、ビッグエア 鬼塚雅(おにつか みやび)(19)

スロープスタイルとビッグエアに出場。スロープスタイルは昨季の世界選手権で3位、今季のW杯でも2位に入るなど好調。ビッグエアでも縦2回転・横3回転の秘技「バックサイドダブルコーク1080」がほぼ完成しており、メダル両取りも。

●スロープスタイル、ビッグエア 岩渕麗楽(いわぶちれいら)(16)

身長149センチながらジャンプはダイナミックな16歳。スロープスタイルでは今季、W杯で初の表彰台を経験、ビッグエアでは前哨戦のXゲームで2位に入り、両種目でメダル圏内の実力者だ

●ハーフパイプ 松本遥奈(まつもと はるな)(24)

昨季の世界選手権で準優勝し、一躍メダル候補に。17歳時にジュニア世界一に輝いた才能の持ち主で、武器は他の日本女子ボーダーで成し得ていない大技「フロントサイド900」。

●パラレル大回転 竹内智香(たけうち ともか)(34)

'14年ソチ五輪のパラレル大回転で2位となり、スノーボードで日本女子初のメダルに輝いた第一人者。1月の欧州遠征は体調を崩し振るわなかったが、回復さえすれば実力は世界屈指。5度目の五輪で悲願の金へ!

●スロープスタイル、ビッグエア 藤森由香(ふじもりゆか)(31)

4度目の五輪となる今回はクロスから種目転向し、スロープスタイルとビッグエアに出場。今季はケガもあり、W杯で出場したのはビッグエアのみだが、クロスで培った板を走らせる技術はスロープスタイルでも大きな武器となっており、上位進出の期待大。

■ 平野歩夢、金メダル獲得のカギは「CABダブルコーク1440」の成功

空中で横4回転に縦2回転する大技。CABとは基本スタンスとは逆の足(平野は右足前が基本なので左足前)を前にして滑る高難度の技で、ダブルコークは軸を後方にずらして2回転する技術。1440は360°×4の意味。基本スタンスからのダブルコーク1440を成功させ、さらに続くジャンプでこの大技が決まれば金メダルはほぼ確実だ!

■ 得点は技の難易度や美しさで決まる

採点種目の得点は、高さや技術、技の難易度などを基準に決定。着地の際に転倒したり手をついてしまうなどのミスは減点となってしまう。一つの失敗が命取りなのだ。

■ 今大会からの新種目「ビッグエア」は豪快な空中技がみどころ

スノーボードには、旗門が設置されたコースで速さを競い、手に汗握る駆け引きが見ものの「パラレル大回転」、4〜6名が一気に滑り、バンクやスパインなどが設置されたコースでタイムを競う「クロス」のスピードを競う種目と、半円筒形のスロープを下りながら空中演技し、その難易度と完成度を競う「ハーフパイプ」、レールやテーブルといった障害物が置かれたコースで空中演技のレベルを競う「スロープスタイル」、さらに今大会からの新種目で、高さ30mほどのジャンプ台から飛び、空中で見せる回転技の完成度などを競う「ビッグエア」の採点種目がある。特に「ビッグエア」のトップ選手が繰り出す縦4回転・横5回転といった超絶技は圧巻だ。

<放送スケジュール>

【スロープスタイル】

●男子「予選」2/10[土]朝9.50NHK総合「決勝」2/11[日]朝9.50NHK総合●女子「予選」2/11[日]昼1.25テレビ東京系、昼2.35NHK BS1「決勝」2/12[月]朝9.50NHK Eテレ

【ハーフパイプ】

●女子「予選」2/12[月]昼1.20NHK BS1、昼1.30フジ系「決勝」2/13[火]朝9.50NHK総合●男子「予選」2/13[火]昼0.55日本テレビ系、昼1.00NHK BS1「決勝」2/14[水]朝9.55TBS系、朝10.20NHK BS1

【クロス】

●男子「予選」2/15[木]朝10.50NHK総合「決勝」2/15[木]昼1.20NHK総合●女子「予選」2/16[金]朝9.50NHK総合「決勝」2/16[金]昼0.20NHK総合

【ビッグエア】

●女子「予選」2/19[月]朝9.20NHK総合「決勝」2/23[金]朝9.20NHK総合●男子「予選」2/21[水]朝9.30フジ系「決勝」2/24[土]朝9.50NHK総合、朝10.00テレビ朝日系

【パラレル大回転】

●男女「予選」2/22[木]朝11.50NHK総合「決勝」2/24[土]朝10.00テレビ朝日系、朝11.50 NHK BS1

※放送スケジュールは生放送を優先して掲載。一部、録画放送([V])のみの競技・種目があります。都合により日程、内容は変更になる場合があります。

(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

平昌五輪みどころ