小栗旬、生田斗真、菅田将暉、山崎賢人…全員“ムロ組”

 俳優のムロツヨシが7日、都内で行われた映画『ボス・ベイビー』の日本語吹き替え版完成報告会に出席した。この映画でムロは、見た目は赤ちゃんなのに心はおっさんという主演のボス・ベイビーの吹き替えを担当。映画にちなんで用意されたボス用の豪華なイスに座り、「真ん中のでかいイスは気持ちがいい」と満足気に語っていた。

 今回が吹き替え声優初挑戦となったムロは、同じく同作で吹き替え声優を務めた山寺宏一に感銘を受けたことを明かし、「山寺さんは吹き替えじゃないの、その人なの。山寺さんのすごさを痛感しました」と感心しきり。そして、「自分はすぐにセリフを足してしまう」と反省し、「もう、口動いていないですよって監督に怒られた」と話していた。

 しかし、そのコメントを受けて山寺は「セリフを足そうとするムロさんはベテランの域」と大絶賛。そして、「ムロさんは今、日本一面白い俳優ですよ。面白い人は何をやっても上手い。自分のものになさっている」と付け加えた。すると、同じく共演者の芳根京子からも「ムロさんが一緒だとなぜかホッとできる」と絶賛していたのだ。

 このように、多くの人をメロメロにしてしまうのがムロなのだ。共演者には自ら積極的に話しかけ、すぐに友達に。“ムロ組”と呼ばれるムロが中心となって結成されたグループには小栗旬や生田斗真、菅田将暉、山崎賢人といったそうそうたるメンバーがいるが、彼らもムロの積極的な人懐っこさに魅了されたのだろう。

 「ムロさんは、スタッフにも気さくで人気がありますよ。ときどき“ウザい”と思われてしまうこともあるようですが(笑)。下積み時代は熱すぎて『もうムロとはやりたくない』と言われることも多かったそうです。しかし、売れない時代が長かったので、なんとか名前を覚えてもらおうとアピールを重ねたそう。その結果が今のようなキャラクターに結び付いているのでしょう」(週刊誌記者)

 “人たらし”ムロができあがったのは、下積み時代の頑張りによるものだ。 </span>

Let's block ads! (Why?)

山崎賢人