期待外れ?登坂アナ降板ニュース、遂に新キャスター決定!

 “麿(まろ)”の愛称で親しまれていた、元NHKで先月からフリーになった登坂淳一アナウンサーが就任前に降板した、フジテレビ系新報道番組「プライムニュース(仮)」の新キャスターに、同局の島田彩夏アナと倉田大誠アナが起用されることを一部スポーツ紙が報じている。

 島田アナは現在、夕方のニュース番組「みんなのニュース」のメインキャスターを務めており、報道番組を中心に活躍中。

 倉田アナはジャニーズ事務所に7回応募した過去を持ち、05年から朝の情報番組「めざましテレビ」に出演。2015年からは午後の情報番組「直撃LIVE グッディ!」にも出演している。

 同局では、4月から地上波やBSの報道番組を「プライムニュース」のブランドに統一。報道局解説委員長の反町理氏がメインキャスターを務めることが、すでに発表されていた。

 「『プライムニュース』は宮内正喜社長がBSフジの社長時代に立ち上げ、自身が社長になったら地上波への昇格を狙っていた。その悲願は達成されたものの、登坂アナがまさかの降板。出だしで計算が狂ってしまった。その前には、『プライムニュース』に出演していた秋元優里アナも地上波にそのまま昇格させようとしていたが、よりによって、同番組のプロデューサーとのW不倫が発覚し、起用できなくなってしまった」(テレビ局関係者)

 そこで、白羽の矢が立ったのが、島田アナと倉田アナだったのだが…。

「どちらも“エース”にはなれない存在で、とても高視聴率は望めない。それでも、宮内社長の肝いりだけに、そう簡単に打ち切ることはできないはず」(芸能記者)

 低視聴率打開の切り札だったはずの“報道改革”だが、空振りに終わりそうだ。 </span>

Let's block ads! (Why?)

登坂アナ降板ニュース