長谷川博己、“朝ドラ”出演決定で「品格とカリスマ性を持った長谷川博己です(笑)」

10月1日(月)スタートの連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月〜土曜朝8.00-8.15ほか、NHK総合ほか)で、ヒロイン・福子(安藤サクラ)の夫・萬平役に長谷川博己が決まった。

【写真を見る】安藤サクラ&長谷川博己の“夫婦役”に、期待の声が続出/(C)NHK

本作は福田靖の脚本による、福子とその夫・萬平の成功物語。モデルはインスタントラーメンを生み出した実業家である安藤百福氏と妻・仁子氏の半生で、戦前から高度経済成長期にかけての激動の時代を舞台に、たくましく生きる夫婦の姿を描く。

NHK大阪放送局で行われた発表会見では、制作統括の真鍋斎氏が「完全に“萬平さん=百福さん”というわけではないのですが、多面的な顔を持っているところや、清濁あわせ飲むような人生を歩んできたところが、二人に共通する部分だと思っています。そんな人物を演じていただくにあたって、非常に的確な演技力で多彩な役を演じてこられ、そしてどんな役をされても、どんな環境の中にあっても、ある品格とカリスマ性を漂わせている長谷川博己さんにご出演いただきたいと思いました」と起用理由を説明。

これを受けて、長谷川は「品格とカリスマ性を持った長谷川博己です(笑)」とあいさつ。20代のころには何度も“朝ドラ”のオーディションを受けていたそうだが、40歳で受けたオファーには迷いもあったと明かした。

だが、「『大衆の中にこそ変化の(時代が変わる)予兆がある』という百福さんの言葉のように、自分の役者の人生において変化できるいいきっかけになるんじゃないかと思って、お受けさせてもらいました」と決意表明。

「10月から幸せと希望を皆さまにお届けできるように、半年間頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします」と意気込んだ。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

出演決定