芳根京子「海月姫」打ち切り危機は“意外な理由”で同情されていた!?

 1月29日に放送された芳根京子主演のテレビドラマ「海月姫」(フジテレビ系)第3話の視聴率が、5.9%だったことがわかった。同ドラマは放送開始以降、数字を下げ続けている。

「初回は視聴率8.6%を記録し、月9ワースト記録を持つ西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』の8.5%を、わずかに上回るスタートを切っていた『海月姫』。しかしここにきて『突然ですが』第3話時の視聴率7.6%を下回る数字を記録し、今後も下げ続ければ打ち切りとなる可能性が高いでしょう」(テレビ誌記者)

 人気コミック「海月姫」は10年にアニメ化され、14年には能年玲奈主演で映画化もされている。そして今回、ドラマ化となったわけだが、当初、今年最初の月9は別の企画で進行していたという。

「1月25日発売の『週刊新潮』によると、昨年4月の段階で、18年1月期の月9はTOKIO・長瀬智也と武井咲が出演したドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)の続編を放送すると決まっていたそうです。しかし武井の結婚&妊娠が発覚したことで、企画はお蔵入り。その時点で大物俳優と交渉する時間がなかったフジは、このドラマに脇役で出演する予定だった芳根を急きょ主演に決め“やっつけ仕事”でスタートさせたのが今回のドラマ『海月姫』だったというんです。このゴタゴタに巻き込まれ、視聴率が爆死した芳根には、一部業界から同情の声が上がっています」(芸能記者)

 突然の大役を引き受けた芳根だが、もしもこのままドラマが打ち切りとなれば、お気の毒というほかない。

Let's block ads! (Why?)

理由