ナイツ・土屋がTFCC損傷!?「カミナリの気持ちが分かりました(笑)」

DVD『ナイツ独演会「味のない氷だった」』が1月31日に発売された。本作は2017年10月、さいたまを皮切りに仙台・福岡・丸亀・浜松・名古屋・東京・大阪・横浜と、全国9カ所・全11公演を行なった「ナイツ独演会味のない氷だった」の最終日・横浜にぎわい座公演の模様を収録。

【写真を見る】独演会で100個の“ヤホー漫才”に挑んだナイツ。「一番生きている漫才です!」

「2017年をヤホーで調べました」はもちろん、過去10年分の“ヤホー漫才”のキーワードの中からお客さんがその場で選んだワードの“ヤホー漫才”を瞬時に披露する「祝!ヤホー漫才10周年」も楽しめる。

今回、ナイツ(塙宣之、土屋伸之)にインタビューを行い、本作の“ヤホー漫才”の見どころなどやこだわりなどを聞いた。

■ 100個の“ヤホー漫才”に挑戦!?

――前年度の公演に比べて内容の幅も広がった気がするのですが、終えられていかがですか?

塙:やっぱり、時事ネタですね。最初の「2017年をヤホーで調べました」に全てが詰まっている感じですね。

――今回、「祝!ヤホー漫才10周年」も収録されていますね。

塙:ネタが100個あったんですけど、全部できなくて残念でしたね。あのホワイトボード、本当は電光掲示板とかにしたかったんです。DVDは最終日の公演を収録しているんですけど、ちょっとホワイトボードの汚れが目立っちゃって…。

土屋:汚れるような使い方はしていないですけどね(笑)!

――(笑)。汚れはあまり気にならなかったです。お客様が選んだお題で即興漫才をやるのは、やはり普段と緊張感など違いますか?

塙:100回やったことがあるネタもあったけど、1回しかやったことないネタもあったので、その差が激しかったですね。途中で足りなくなって、初めてやるネタも入れたんです。なるべくやりたくないネタに誘導しないようにしたけど、難しかったですね(苦笑)。

土屋:せっかくだから、100個のネタでボケが何個ずつあるのかとか計算したかったですね。1個のネタでだいたい10個くらいあるので、合計でだいたい1000ボケくらいあったんじゃないのかな!?

塙:本当に久しぶりにやったネタもあったね。フルでやらなかったから、もったいなかったですけどね。

■ 完売続出の大盛況!ナイツファンは20万人!?

――そうですね。1つ1つのネタ時間が短いから、聞いていても物足りなさを感じました。今回は公演数も会場数も増えて、17カ所でライブビューイングも行われました。それでも、チケットがなかなか取れない状況だったみたいですね。

塙:ライブビューイングが東京で完売と聞いて、びっくりですね! 僕らが予想していた分母をはるかに超えていて。予想で1500人位かと思っていたんですけど、今、ナイツファンの分母を20万人と踏んでいます。

土屋:何を基準にその計算をしているのですか (笑)!

塙:アイドル並みに、全国ドームツアーができるのかなと思ったんですけどね(笑)。

――今回収録されているのは、「祝!ヤホー漫才10周年」以外は全部新ネタですか? お客さんの反応が良かったのはどれですか?

塙:そうですね。反応が良かったのは、やっぱり「2017年をヤホーで調べました」ですね。ここに凝縮されていますから。これが一番気に入っています。毎年、ここだけでいいと思っています。

土屋:僕は「私がオバコンになっても」ですかね。歌のネタはいろいろあるんですけど、今までで一番歌っていて気持ち良かったですね。反応も良かったし。

塙:ストーリーがあるからね。

土屋:独演会にいらっしゃるお客さんは、塙さんが熟女好きって知っているので、一番笑っちゃいそうになるネタだと思います。

塙:やっぱりこの曲しかなかったです。これが一番楽しいんですよ! 1年に1回、名曲に巡り合えるかどうかというのが(笑)。

■ 粗削りはナイツならでは!

――この「MURO・ん…〇っぽい」も面白かったです。

塙:あっ、それは次の取材の時に話しますので。今日はこの「2017年をヤホーで調べました」だけで (笑)!

もう少し「2017年をヤホーで調べました」を引っ張ってもいいですか?

――はい、どうぞ(笑)!

塙:一応、こっちも考えてきているんで(笑)! やっぱり、この時事ネタの切り方を毎年どうするかというところをお客さんが楽しみにしているから、なんかこれが一番粗削りなんですよ。だから、結構すべっているところもあるんです。「17回やったら1回くらいはウケるんじゃないかな?」と思うけど、ずっとウケないみたいな…。その粗削りな感じがナイツっぽいから、見てもらいたいですね。

土屋:結局、最初から最後まで11公演の中でネタをイジって変えて試行錯誤したのは、この「2017年をヤホーで調べました」くらいですかね。あとは、ほとんど変えていないですね。ニュースもどんどん進んでいきますし…。

塙:ほんと、訳わかんないですよ! でも、一番生きている漫才ですね。時事ネタなので。毎年、この(タイトル)表記は変えているんですけど、一番初めは時事ネタを20分やる構成になっているんです。昨年もその前もずっと、いろいろな切り方で時事ネタをやっていて。

今年はどうしようかと考えていますね。時事ネタ漫才は、いろいろな方がやっていらっしゃいますからね。

――時事ネタの中での、身近なネタの方がウケがいいとかあるんですか?

塙:半年以上たっちゃうと、お客さんも忘れちゃう部分もあるんですよ。だから、今の時事ネタを半年後にやるには、その言葉の説明を入れないと分からないですね。爆笑問題の田中(裕二)さんみたいに、1回思い出させてからボケるというパターンが良かったというか…。

だから、昨年のこれは大失敗作ですよ(苦笑)。そこを見てほしいです(笑)!

土屋:1個1個の時事ネタの素材の当たり外れがすごくはっきり出るやり方だったんじゃないですかね。今、それを見て楽しむみたいな。

■ 「夢芝居」にはとてつもない苦労が…

――同じ時事ネタでも、時間がたつと別の見方もできるんじゃないかなと思いますけどね。では、そろそろ「MURO・ん…〇っぽい」の話に…。

塙:いきますか(笑)!? お客さんのウケは一番良かったですね。でも、これはパクリネタなので、あまりいいネタではないですね。ひきょうなネタですね。ちょっと他の人のことをやるというのが、面白いのかなと。

――個人的には「夢芝居」も良かったです!

塙:実は、これが一番見たいんですよね。どういうふうに(お客さんに)見られているのか、よく分んないでやっていたんです。しかも日替わり漫才だったので、今回の公演の中で2回しかやっていないです。1回目の時に途中で失敗しちゃって、2回目はDVDになるので失敗できないから、本当の紙芝居みたいにお札の裏に小さい紙を貼り付けたんです。そしたらお札がのりでベトベトになっちゃって。もったいないけど、間違えないように本当の紙芝居みたいにした方がいいかなと思って(苦笑)。

土屋:適当なボケのはずなのに、間違えないように結構作り込んでいたんですよ!

――日替わりでいろいろなネタをやられていたんですね。

土屋:「レストラン」もそうですね。

塙:関東の公演を全部見にいらっしゃるお客さんもいるんですよ。だから、ちょっとネタを変えたりしようかなと思って。日替わりは14本くらいありますね。このDVDの中では「レストラン」と「夢芝居」ですね。

■ 「たたくとウケるんだ!」と実感しました(笑)

――土屋さんは公演中に手首を傷められたと聞きましたが…。

土屋:原因はこの「MURO・ん…〇っぽい」のどつき漫才ですね。多分…(苦笑)。

カミナリの(竹内)まなぶくんの頭をみんな心配しますけど、(石田)たくみくんの手首が強いっていうことが分かりましたね。

――やってみていかがでしたか?

土屋:「たたくとウケるんだ!」というのをあらためて感じましたね。どつき漫才は昔からあるから、お客さんも分かりやすいんだなと。どつき漫才のスタイルにこれからシフトしていってもいいかなと思いました(笑)。でも、感覚的にどれだけ強くたたけばウケるっていうのは感覚的に分かりますが、今までやったことがなかったので加減が難しかったですね。

――どつかれた塙さんはいかがでしたか?

塙:気持ち良かったですね。ちょっと怖いですけどね。カミナリのどつきは普通じゃないから、怖いですよ! 殴られる感じですからね。

土屋:1回、どこかの公演の時に手首が痛過ぎて、本能的によけちゃったのかもしれないけど中途半端にかすっちゃった時がありましたね。指だけしか当たらなかったような。その時はもう1回、たたきました(笑)。

塙:そのもう1回が怖いんだよね…(苦笑)。でも、もしかしたら殴る方が痛いかもしれないね。

土屋:体験したことのないTFCC損傷という、スポーツ選手がなるやつになったんです。調べたら、武蔵丸が引退に追い込まれた不治の病でした。力士とかテニスプレーヤーがなるような、けがですね。普段、鍛えてないとできないですね。

塙:もう、二度とやらないと思いますよ。

――そういう意味では、この映像は貴重ですね。最後には「お義父さん」が入っていますね。

塙:年明けのテレビ番組とかでこれをやったら受けるかなと思っていたんですけど、「紅白(歌合戦)」に出なかったから、もうやめようと思っていますね。いまいち、跳ねなかったんで(笑)。

土屋:こういうネタができるというのは、塙兄に感謝ですね!

――では、今回のDVDの見どころを一言でお願いします!

塙:タイトル通り「味のない氷」でしたよ(笑)! ぜひ、DVDを買っていただきたいですね。これを動画サイトとかで見るのは止めてほしいですね。

土屋:前回に比べて、ネタの1つ1つが面白くなっていると思うので、ぜひ見てほしいです!(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

カミナリ