王貞治が868号を打った時のバットは徳光家で保管されている?

 2月1日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、王貞治が現役最後の868号のホームランを打ったバットが、なぜか徳光家で保管していると徳光和夫の息子・正行が告白。

 その理由を正行は「うちの親父が、八代亜紀さんが846(やしろ)号の(ホームランを打った時の)バットを王さんに貰ったっていう情報を聞きつけて、王さんにお目にかかった時に『ちょっと王さん、僕にもバットください』って軽口を言ったんですよ」

 「そしたらシーズン終わって引退なさって『徳さん、これ持ってっていいよ』って。(バットに)868って書いてあったので、王さんは(通算)ホームランが868本なんで、必ずそう書くのかなって思ってて。で、渡された時に『(全部のバットに868っていう)サインを書くんですか?』って言ったら『これ最後のバットだからさ、徳さん持っといて』って」と軽いノリでお願いしたにもかかわらず、最も価値のあるバットを渡されたらしい。

 ただ、あまりに貴重すぎる代物なので、現在は徳光家では保管しておらず、桐の箱に入れて別の場所に保管しているようだ。
また、正行は「うちの父親が亡くなったら、これは野球博物館に寄付する」と日本野球の歴史を作った財産として、多くの人に見てもらう予定だとも話した。

 ちなみに、この868号を打ったバットがどれだけの価値があるのか、番組が鑑定所に依頼。
その結果、「王さんの貴重なグローブ・ユニホーム・他のバットなど、市場価格は300万円が相場ですが、868本のこのバットはファンの方の間では青天井の代物」と厳密に鑑定することはできないと判断した。

 この判定結果に、ダウンタウン・浜田が「これヤバイで!放っておいたら親父、金なくなったら売りよるで」とギャンブル好きな和夫が奇行に走るのではないかと不安視した。 </span>

Let's block ads! (Why?)

王貞治