野村萬斎「ギャップがかっこよすぎ!」ネットで大反響

2月1日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に野村萬斎がゲスト出演。映画「シン・ゴジラ」(2016年)の撮影秘話やフィギュアスケート・羽生結弦選手との対談秘話を明かした。

【写真を見る】舞台では広末涼子と共演する野村萬斎

日本の伝統芸能・狂言師という肩書からか、「(寝るときは)普通にベッドでパジャマなんですけど(笑)」と自身で語るように“和”の印象が先行する野村。

映画「シン・ゴジラ」ではシン・ゴジラのモーション・キャプチャー(人物や物体の動きをデジタル的に記録しCG化する技術)を担当。手のひらを上に向けているのは野村提案のオリジナル要素で、「仏像とか、珠を持ってたり薬のつぼを持ってたりするから」とシン・ゴジラのおかしがたい存在感を演出した。

また、映画「陰陽師」(2001年)で安倍晴明を演じた野村は、陰陽師をテーマにしたフリースケーティング「SEIMEI」を滑る羽生選手と対談。音に合わせようとすると動きに遅れが生じるからと「音をまとっているように見せた方が良い」などとアドバイス。

対談後のNHK杯で「SEIMEI」を滑った羽生選手が世界歴代最高の合計322.40点をたたき出すといったエピソードも紹介された。

あまたのエピソードを持つ野村だが、プライベートではサーフィンやギターを嗜みマイケル・ジャクソンのダンスも完コピするなど、独身時代はモテそうなことをすべてやっていたとのこと。

今なおムーンウオークもさらりとこなす野村を、「モテたい一心でここまでできる(笑)」と有吉弘行が絶賛。ネットでも「これで51歳w」「シン・ゴジラの中の人!?」とギャップに驚くコメントや「かっこよすぎ!!」「これぞ大人の色気」と心酔するコメントが連なり、Twitterでトレンド入りするほどの盛り上がりを見せた。

次回の「櫻井・有吉THE夜会」は2月15日(水)夜10時より放送。ゲストは二階堂ふみが登場予定。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

野村萬斎