『レディ・プレイヤー1』原作者が来日 「日本のポッポカルチャー無しには作れなかった」

 スティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)の特別映像解禁セレブレーションイベントが1日、東京・VR ZONE SHINJUKUで開催され、原作者のアーネスト・クライン氏、プロデューサーのドナルド・デ・ライン氏が登壇した。

【動画】誕生秘話が明かされる『レディ・プレイヤー1』スペシャル映像

 同作は、2045年を舞台に、仮想ネットワークシステム「オアシス」の謎を探る高校生の活躍を描く作品。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン、『AKIRA』の金田のバイク、『機動戦士ガンダム』のRX-78 ガンダム、『ストリートファイター』シリーズの春麗と思しきキャラクターたちなど、世界中の誰もが知るキャラクターやアイコンたちが登場することでも話題になっている。

 会場の前にはファン約500人が集結。先着順かつ抽選で会場に入ることができた150人のファンの中には、同作にちなんで『ストリートファイターII』に登場するリュウ、春麗、ザンギエフや、キングコング、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティとドクのコンビなど、思い思いのコスプレをしたファンの姿もあった。

 「日本のポップカルチャーで育ちました」と語ったクライン氏は、「ウルトラマン、ウルトラセブン、マグマ大使、宇宙戦艦ヤマト、時空要塞マクロス、日本のゲームもクールで、タイトーや任天堂などたくさんプレイしました! この原作は日本のポッポカルチャー無しには作れなかったのです。この映画で、その恩返しをしたいと思っています」と日本愛あふれるコメント。

 デ・ライン氏は「スピルバーグはこの映画の台本を読んだとき、ものすごく興奮していました。そしてすぐに映画化の話になったのです。スピルバーグはこの映画を作るとき、アーネストが生み出したこの世界観を完全に再現することにこだわりました」と作品についてヒントを明かした。

 日本のファンのために持ち込んだ特別映像では、同作の誕生秘話と、スピルバーグ監督が生み出した『E.T.』『インディ・ジョーンズ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『ジュラシック・パーク』などヒット作品の直系ともいえるアドベンチャー大作であることが紹介された。続くプレゼンテーションでは、きょうのためだけに持参した同作のオリジナルコンセプトアートが世界初公開され、アートの一枚一枚に、会場からはどよめきが起こった。

 また、この日は特別ゲストとして『キングコング 髑髏島の巨人』のポスターを描いたイラストレーターの開田裕治氏、『ソードアート・オンライン』原作者の川原礫氏、人気漫画『ワンパンマン』の著書であり、現在『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のコミック企画も進行している漫画家・村田雄介氏、『劇場版 ソードアート・オンライン・オーディナル・スケール』などで監督を務める伊藤智彦氏、You tuberのMEGWIN、アメコミ批評家の杉山すぴ豊氏、『VR ZONE SHINJUKU』のコヤ所長こと小山順一朗氏も登壇した。

Let's block ads! (Why?)

来日