サカナクション 3作連続リリース…初ベスト、幕張ライブ映像、5年ぶりアルバム

 サカナクションの山口一郎が1日、TOKYO FM系『SCHOOL OF LOCK!』内で自身がパーソナリティーを務める『サカナLOCKS!』で、3作連続リリースを発表した。

【写真】「総合芸術」とも称されるサカナクションのライブ

 第1弾は、2007年5月のメジャーデビューから10年で初となるベストアルバム『魚図鑑』を3月28日に発売。第2弾は、昨年9月30日、10月1日の2日間にわたって千葉・幕張メッセで開催した6.1chサラウンドライブのBlu-ray/DVD、第3弾は、前作『sakanaction』(13年3月発売、オリコン最高1位)以来、約5年ぶりとなるオリジナルアルバムと続く。第2・3弾作品のタイトル、発売日など詳細は近日中に発表される。

 初のベストアルバム『魚図鑑』は、メジャーデビュー10周年を迎えたバンドが新たなフェーズに向かうため、これまでの作品を総括・体系化する意味合いで「図鑑」という異例のフォーマットを採用する。

 本作は、完全生産限定プレミアムBOX(CD3枚組+魚大図鑑)、初回生産限定盤(CD2枚組+魚図鑑+Blu-ray)、初回生産限定盤(CD2枚組+魚図鑑+DVD)、期間限定生産盤(CD2枚組+魚図鑑)の4形態。初回生産限定盤2種・期間限定生産盤のCD2枚組には、最新曲 1 曲を含むメンバー厳選の全34曲を収録予定。

 また、完全生産限定プレミアムBOXに同梱される「魚大図鑑」には、収録49曲をさまざまな視点から考察、解析したデータを大量に掲載。初回生産限定盤2種・期間限定生産盤に同梱されるブックレット「魚図鑑」は、魚大図鑑を凝縮した内容で、いずれも貴重なデータベースとなりそうだ。4形態全て生産限定商品でメーカーの在庫がなくなり次第、出荷終了となる。

 山口は「今回リリースされる僕らのベストアルバム『魚図鑑』を経て、春フェスが始まり出す頃にリリース予定のNEW アルバムへ期待を寄せていただけると嬉しいです。変わらないまま、変わり続けるサカナクションを、これからもよろしくお願い致します」とコメントしている。バンドは現在、オリジナルアルバムのレコーディング中。

■サカナクション・山口一郎コメント

なぜか10年前のデビュー当時から、音楽のことを「仕事」と呼ぶことに抵抗がありました。今も「仕事」として音楽と向き合っているつもりはありません。

新しいアルバムを作る上で、改めて自分たちの過去の歌を聴きなおしてみましたが、その「仕事」ではない感覚で音楽を作って来たことが、決して間違いではなかったと安心しましたし、今作り続けている春に出る新しいアルバムも、その範疇に良い意味で入り込んでいると思います。

僕らの世界観を愛してくれているファンの皆様、僕らの音楽をまだ聴いたことのない方々にも、今回リリースされる僕らのベストアルバム「魚図鑑」を経て、春フェスが始まり出す頃にリリース予定のNEWアルバムへ期待を寄せていただけると嬉しいです。

変わらないまま、変わり続けるサカナクションを、これからもよろしくお願い致します。 </span>

Let's block ads! (Why?)

5年ぶりアルバム