Tokyo Rocketsのニューシングルは「ダサかっこいい」(朝日花奈)

Tokyo Rocketsのニューシングル「愛なんていらない/アオゾラブルー」リリース記念のインタビュー第2回。今回の楽曲について、そして朝日花奈が兼任するラストアイドルファミリーについても語ってもらった。

【写真を見る】朝日花奈は、ラストアイドルファミリー“Good Tears”との兼任に「すごく幸せ!」

【Tokyo Rocketsは“みんな違って、みんないい”!? より続く】

――さっそくですが、花奈ちゃんの自己紹介からお願いします。

朝日花奈:周りからはヌケてるとか、ふわふわしてるとか言われます。でも、芯は通ってるよねとか。表現力だったり、メイクだったり、自分なりの努力はしてる…つもりです。

植松咲衣:確かに芯が通ってますね。我が道を行くタイプ。でも、1人で突っ走るわけじゃなくて、ちゃんとメンバーのことも考えてくれてて。

坂本実紅:ステージ上での見せ方はホントに上手いなと思います。つい目が行っちゃう感じ。踊ってるときの肩の動かし方とか上手いんですよ。研究してるんだなって思うし、そんな努力をしてるところを私たちには見せないところもすごいですね。写真もファンの方が撮ってくださるものも含めて、どれを見ても可愛い。同い年ですけど、そこは尊敬してるし、勉強させてもらってます。それでいてボケてるところもあったりして。そこは千葉県民同士として、同じ匂いを感じます(笑)。

――異論はないですか? 一緒にするなよ、みたいな。

朝日:はい、じゃあ…一緒にするなよ(笑)。

坂本:反論がワンテンポ遅いよ!(笑) あとは猫が好きなんですよね。顔も猫っぽいし。花奈ちゃんの部屋に入った瞬間、猫猫猫猫猫…っていう感じ。本物の猫はいないんですけどね。

浅利桃子:私も花奈ちゃんの写真を見るのが好きですね。ファンの方の撮影可なイベントの後なんて「#朝日花奈」で検索しちゃいます。可愛いから見たいっていうのもあるし、学べる部分も多いので。

白石彩妃:厳しく言うべきときには言ってくれるところもあって、それも相手が相手が傷つかないようにオブラートに包んで言えるのがすごいなって思います。みんなのことをよく見て、グループをいい方向に持っていってくれる子ですね。

――では、麻里さんからも。

高橋麻里:初めて会ったときから可愛いなって思いましたけど、その可愛さを作ってるのは努力しようとする心なんだろうなって思いました。自分をどうやって表現するか考えて努力することって、アイドルとしては絶対に必要なことなので。これからもずっとTokyo Rocketsを引っ張っていく存在ですね。

――そんな皆さんのニューシングル「愛なんていらない/アオゾラブルー」がリリースされました。Tokyo Rocketsらしいロックな要素と可愛い要素が合わさった楽曲ですね。

坂本:世界観の違う2曲ですね。「愛なんていらない」はロック調の格好いい曲なんですけど「アオゾラブルー」は今までのTokyo Rocketsになかった感じの曲。個人的には「アオゾラブルー」の「嫌われたっていいよ。ワタシノママデイタイ」っていう葛藤を書いたような歌詞が好きです。歌詞カードをよく読んでから聞くと、世界観がより分かると思います。「アオゾラブルー」は間奏の振り付けもちょっと変わってて…。

植松:ドスコイダンス(笑)。

朝日:ダサかっこいい感じ。

坂本:そうそう。衣装が乱れるのとか、なりふり構わずに脚で蹴りを入れるような。「愛なんていらない」のほうは手でハートを作ったりして、お客さんも一緒に踊れるようになってます。「愛なんていらない」は一緒に楽しむ、「アオゾラブルー」は"見せる"っていう感じの2曲ですね。

植松:Tokyo Rocketsはお客さんも声を出して盛り上がれる曲が多くて「愛なんていらない」のそんな1曲だと思うんですけど「アオゾラブルー」は世界観の表現を大切にしてる曲ですね。

朝日:「愛なんていらない」は私のセリフに注目してほしいです。今までセリフがある楽曲を歌ったことがなかったんですけど、レコーディングのときも何回も録り直して、いろんなパターンで言ってみました。「アオゾラブルー」はできるだけ笑わないで歌おうって、みんなにも言って。笑うとしても、ちょっとニヤリくらいで表情に気を付けながら歌ってます。

白石:「愛なんていらない」はお客さんとの一体感がある曲。合いの手を入れたりしながら聴けるのがポイントですね。「アオゾラブルー」はみんなも言ってる通り、世界観を大事にしてるので、歌うたびに気持ちや表情、歌い方が変わってくる曲だと思います。聞く人それぞれで感じ方も違ってくる曲ですね。恋愛を歌ってるようにも、人生のことを歌ってるようにも聞こえる。年齢を重ねるごとに感じ方も変わってくるのかなとも思ってます。

浅利:「愛なんていらない」は5人ならではの振り付けだなと思います。間奏で実紅ちゃんが他の4人を操ってるような振付もあったり。ぜひライブで見てほしいなと思う曲ですね。「アオゾラブルー」は今までのヘッドバンキングとかするような振り付けとは違った軽やかな曲。歌うときの気持ちも意識して変えてたりするので、これまでとは違ったTokyo Rocketsが見つけられる曲だなと思います。

――今回の衣装のポイントは?

高橋:紺のワンピースなんですけど、曲と衣装のギャップがあった方が引き立つかなと思って。私もずっと紺のワンピースを着たグループをやってきたので、そんなDorothyイズムを継承してほしいなっていうのもあって(笑)。踊ってるときにスカートがふんわりしたりするのも、見てて可愛いかなと思います。

――さて、花奈ちゃんはラストアイドルファミリーのGood Tearsも兼任中ですけど、大変ではないですか?

朝日:やっぱり簡単なことではないなって感じてます。でも、すごく幸せなことで。どっちのグループも応援してくださる方も多いですし。たくさんの方に出会える機会が増えたなって思います。

坂本:私たちも花奈ちゃんのことは応援してるし、どちらのグループも上手く行ったらいいなって思ってます。

――2月14日(水)に東京・Zepp Tokyoで開催されるラストアイドルファミリーの1stライブに、Tokyo Rocketsとしても出演するんですよね。

朝日:Tokyo Rocketsはまだそんなに大きな会場でやったことがないので、こういう機会を頂けたのは兼任した甲斐があったなと思います。

坂本:私たちのファン以外の方もいるアウェイだから緊張するじゃなくて、アウェイだからこそ注目されるっていう風にプラスに考えたいですね。いい緊張感の中でいかに自分たちらしくパフォーマンスできるかっていうところなので、これをきっかけに気になるグループだなと思っていただけたら嬉しいです。とにかく熱意を伝えたいですね。取りあえず、MCではスベらないように気を付けます(笑)。

――逆にスベり芸で注目を集めちゃうとか。

坂本 それが吉と出るか凶と出るか、ですけど(笑)。爪痕は残したいですね。

――たくさんのアイドルが出演するフェスの経験も豊富な麻里さんからアドバイスは?

高橋:ラストアイドルファミリーに関しては花奈ちゃんは頑張って兼任してるし、みんなもその思いを感じながらステージに立てば間違いないかなって思います。Tokyo Rocketsってこの程度のグループかって思われちゃったら、花奈ちゃんにも恥ずかしい思いをさせちゃうし。今回のこの大きなステージはチャンスだと思いますけど、逆に小さな会場のリリースイベントだって同じようにチャンス。大きなチャンスには気付きやすいけど、小さなチャンスは見逃しがち。毎日のチャンスをしっかりつかんでいこうっていうことは、私も今すごく意識してます。常に頑張る、毎日毎秒頑張る。それが一番大事ですね。

植松:私もDorothy Little Happyさんのライブを見て、自分の人生が変わったなって思うので、Tokyo Rocketsもいつか存在になれたらいいなっていうのが大きな夢です。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.