Tokyo Rocketsは“みんな違って、みんないい”!?

Tokyo Rocketsが1月24日、ニューシングル「愛なんていらない/アオゾラブルー」をリリース。清楚さと過激さを兼ね備えた、彼女たちらしい楽曲に仕上がっている。

【写真を見る】アドバイザーはDorothy Little Happy・高橋麻里!

このリリースを機にメンバー5人(ラストアイドルファミリー兼任中の朝日花奈は途中から合流)と、アドバイザーを務めるDorothy Little Happy・高橋麻里のインタビューをお届け。まずはグループやメンバーそれぞれの紹介から…。

――こちらのサイトには初登場ということで、Tokyo Rocketsの紹介から入ろうと思います。2014年に東京ロケッツとして結成された後、2017年から新メンバーも加わって、Tokyo Rocketsに改名していますね。

坂本実紅:去年の3月に朝日花奈ちゃんと白石彩妃ちゃんが入って、そこから衣装も麻里さんにお願いしてます。東京ロケッツのときは黒の衣装でロック調の曲を歌ってたんですけど、曲は今も変わらずに清楚な衣装に変わりました。衣装は清楚だけど、曲はラウドっていうギャップがポイントですね。「清楚さと過激さが背中合わせに繰り広げられるパフォーマンスが融合したライブ」っていうコンセプトで。

植松咲衣:5人とも性格も結構バラバラで、普通の生活だったらあまり一緒にいないようなタイプですね。そんな5人が1つの目標に向かっているところが強みだと思います。

浅利桃子:みんな違って、みんないい、みたいな。

白石彩妃:入る前から東京ロケッツのライブを見ていて、ロックな要素が強かったので、どんな子たちなんだろうって思ってたんですよ。恐い子たちだったら、どうしようなんて。みんな優しかったり、面白かったり、いい人たちだったので良かったです。

――麻里さんはTokyo Rocketsのアドバイザーという肩書きになってますが、具体的にはどんなことをされてるんですか?

高橋:衣装の監修をさせていただいたり、一緒にイベントに出たり。でも、基本的には私がTokyo Rocketsのことが好きなので、勝手に応援してるだけです(笑)。

植松:私たちも元々、麻里さんのファンなので、ステージでの振る舞いや日ごろの振る舞いを見て学んでます。

坂本:先輩の背中を見て育つ後輩っていう感じですね。

高橋:TIFの私のステージでバックダンサーをやってもらったり、逆に私の方がみんなを頼りにしてます。

――そんなバラバラなタイプだという5人それぞれのキャラに迫っていきますが、まずはリーダーの実紅ちゃん。自称、どんなキャラですか?

坂本:スベり王ですね。私としては上手いこと言ってるつもりなんですけど、そのセンスにオーディエンスがついてこられない(笑)。まだ時代が私に追いついてないっていう感じで。それが逆にファンの方から温かく見守ってもらえるっていう絆になってます。イベントではMCをメンバーが交代でやってるんですけど、私が担当の日はいつも咲衣ちゃんに助けてもらってます。あとは鶏肉が好きです。

――鶏肉が好きな理由は?

坂本:好きになるのに理由はいらないというか、気付いたら好きになってたっていう。フライパンでもも肉を普通に焼くのがオススメですね。やっぱりあまり調理し過ぎちゃうと、鶏肉本来の味が…って、こんな話でいいんですか?(笑) まぁ、Tokyo Rocketsも素材のままの味を楽しんでいただければと思います。

――皆さんから見た坂本さんの印象は?

坂本:うわっ、恐い。それ、私のいないところで語ってもらうわけにはいかないですか?(笑)

植松:楽屋でもステージでもずっと喋ってるんですよ。でも、本番後に一瞬だけ静かになる瞬間があって。ステージで出し切ったパワーを充電してから、特典会でまたしゃべり倒してます。

白石:本当にずっと喋ってますね(笑)。この子と喋ってたと思ったら、移動してまた別の子と喋ってたりとか。最終的には1人で喋ってる。

浅利:実紅ちゃんがいる日は必ず差し入れが唐揚げ(笑)。スタッフさんも実紅ちゃんが鶏肉好きなのを知ってるので、いつもほかの食べ物プラス唐揚げなんですよ。

白石:マネージャーさんも入ってるグループLINEで、明日の入り時間は…とか真面目な話をしてるときにもボケてきますね。

坂本:「○○かな? 花奈ちゃんだけに」とか送っても、みんなシーーーンって感じで何も返ってこない。でも、既読8とか付いてるんですよ。読んでるのにスルーかよ!って。

――それは確かにスルーされるかも(笑)。麻里さんからも一言お願いします。

高橋:たぶんリーダーっていう立ち位置もあって、いろんなことを考えてるんだと思うんですよ。実紅ちゃんなりにチームの雰囲気作りを考えて、そんなに喋ってるのかなって思います。スベることも含めて、ムードメーカー。そこは尊敬してますね。

坂本:今の麻里さんの言葉だけ書いておいてください(笑)。

――では、続いて桃子ちゃん。

浅利:サブカルチャーが好きです。アニメやマンガが好きで、自己紹介でも「美少女アニメと少年マンガが好きです」って言ってます。女の子のキャラクターが好きで、少年マンガを読むのも主人公の周りに女の子がたくさん出てくるからっていう理由で。目覚めたきっかけは「神のみぞ知るセカイ」っていう作品で、ギャルゲーが好きな主人公の男の子が3次元の女の子を落としまくる展開にハマっちゃいました。女の子は2次元、3次元問わず好きで、アイドルのライブにも行ってます。

坂本:普段はフワッとした話し方なんですけど、アニメの話になるとアツくなっちゃって、マシンガンみたいにしゃべります。

浅利:秋葉原の駅前で待ち合わせとかになると、ずっとアニメやマンガの看板を見てます。

植松:私は中学生くらいからずっと一緒にいるんですけど、そのころから全然変わらなくて。天然なところがグループのいいバランスを保ってます。ミーティングでみんなが考え込んじゃったりしたときも、ポジティブな方向に持っていってくれる。

白石:私は同い年なんですけど、赤ちゃんみたいで頭をなでたくなっちゃいます。

坂本:愛される天才だと思います。おっちょこちょいなところもあって、普通だったらキレられてもおかしくないくらいなんですけど、桃ちゃんだったら許せるなーってなっちゃう。グループの中の癒やしですね。疲れたなーとか思っても、桃ちゃんを見ると元気になれる。Tokyo Rocketsのアロマオイルっていう感じです。

――麻里さん、どうですか?

高橋:浅利桃子っていう名前からして、好きです。芸能人になるべくして、生まれたような名前。いい意味でいつもボケてるので、グループには欠かせない存在だと思います。

――続いて、彩妃ちゃんは?

白石:ディズニーとゲームが好きです。ディズニーの情報をチェックして、それが終わったらゲームをするみたいな感じで、ここまで生きてきましたね。ちょっとでも空き時間があったらゲームをしてるし、休みがあったら朝早くからディズニーに行ってます。

浅利:楽屋に入ってくるときも「おはよう!」って言いながら、ゲームやってますからね。

坂本:スマホは常に横向きに持ってる(笑)。初めて会ったときはすごく大人しくて、クールな印象でしたね。でも、話してみると可愛らしくて。優しいところもあって、私や桃ちゃんの支度が遅れてると手伝ってくれたり。

植松:早く家に帰って、ゲームしたいからかも知れないけど。

――天然不思議女優というキャッチフレーズが付いてますが。

坂本:天然なのかも知れないですけど、桃ちゃんが天然王なので(笑)。顔立ちは私も好きで、女優さんには向いてると思います。気付いたら、彩妃の写真を見てたりしますよ。私って、彩妃のファン?みたいな。

――麻里さんから見た彩妃ちゃんは?

高橋:不思議というか、ベールに包まれた雰囲気があるのは素敵ですね。歌って踊ってるときと写真で見たときで別の魅力がある。これからモデルや女優として、伸びていきそうだなって思います。

――次に咲衣ちゃん、お願いします。

植松:昔からお琴や茶道を習っていて和文化が好きなので、年間で100回くらい神社に行ったりしてます。1人で熱海まで行ったり。本を読むのも好きで、多いときは月に30冊くらい読んでます。最近読んでるのは「ニーチェの言葉」です。文章を書くことも好きで、メンバーのことをブログに書いたりしてます。

坂本:ボキャブラリーは人一倍ありますね。ライブのときにいい締めのコメントをしてくれて「さすがリーダー!」って言いたくなります。「あ、リーダー、私だった」なんて。ブログやTwitterが面白いので、作家さんになれそうって思います。

浅利:神社によく行くから、財布の中に5円玉をいっぱい持ってて。本も毎日5冊くらい持ち歩いてるよね。歳は変わらないんですけど、大人っぽくて理想のお姉ちゃんっていう感じです。

白石:お母さんくらいな感じ。頭も良くて、面倒見もいいし。

坂本:Tokyo Rocketsの母ですね(笑)。私たちを見守る太陽っていう感じです。

――では、恒例の麻里さんの締めの言葉を。

高橋:頭が良くて、他のメンバーにはないものも持ってるので、そこを武器にして成長していってほしいなと思います。元々、アイドルというより、ロックが好きだったりしたんだよね。

植松 はい。アイドルを好きになったきっかけがDorothy Little Happyだったので、今でも麻里さんのことはまっすぐに見られないくらい緊張してます。

高橋:嬉しいですねー。

朝日花奈:すみません。お待たせしました!

――と、花奈ちゃんも合流したところで、次回に続きます!

【Tokyo Rocketsのニューシングルは「ダサかっこいい」(朝日花奈) へ続く。同記事は1月31日(水)朝6時配信予定】(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.