エルトン・ジョン、最後のツアー発表「直接お礼とさよならを」

 英人気歌手のエルトン・ジョン(70)が24日(現地時間)、自身最後のツアー『Farewell Yellow Brick Road』を発表した。今年9月から2021年まで3年をかけ、5大陸で300公演以上を予定している。

エルトン・ジョンの主な作品ランキング

 米ニューヨークのゴッサムホールで、自身のキャリアを振り返る仮想現実(VR)形式でプレゼンテーションを実施。その後、家族との時間を優先するため、9月からスタートさせるワールドツアーを最後に、ツアー活動を終了する意向を表明した。

 エルトンは、英国で同性婚が合法化された2014年、映画プロデューサーのデヴィッド・ファーニッシュ氏と結婚。2人の息子がいる。

 昨年、歌手活動50周年を迎えたエルトンは「17歳の頃からいろんなバンドで、そして1969年からはエルトン・ジョンとしてツアーを続けてきました。だから世界中のファンの皆さんに直接お礼を伝える時が来たと考えたんです。そしてさよならも。もうクリエイティブな活動をやらないということではありませんが、世界中を旅することはないと思います」と話した。

 最後のツアーに関しては「長年支えてくれたファンの皆さんを楽しませるため、情熱と創造性を届ける計画をしています」と語っている。

 この模様はYouTubeLiveで生中継され、そのときに使用されたエルトンのキャリアを約5分にまとめた映像が、360度VRで公開となっている。

■Elton John - Farewell Yellow Brick Road: The Legacy (VR360)
https://youtu.be/0zXZIgnub6w </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.