EXILE/三代目JSB・岩田剛典、映画『冬きみ』の過酷な撮影についてコメント。「監督が夢に出てきた(笑)」

【詳細】他の写真はこちら

岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)単独初主演、芥川賞作家・中村文則による、映像化不可能と言われた美しきサスペンスを原作とする映画『去年の冬、きみと別れ』が3月10日に公開。公開に先がけ、1月25日に、東京・新宿ピカデリーにて完成披露試写会舞台挨拶が行われた。

多くのマスコミ陣が会場に集まり、緊張感溢れるなか登場したのは、本作の主人公で新進気鋭の記者・耶雲恭介を演じた岩田剛典と、耶雲の婚約者・松田百合子役の山本美月、監督を努めた瀧本智行、そして原作者・中村文則。

「こんなにも完成披露で緊張する作品はありません。自分にとって挑戦となった作品ですので、短い時間ですが楽しんでほしいです」と少し緊張気味の岩田。映画関係者以外へ向けての上映は本日が初めてとなり、監督も「本当に緊張しています」と話しながらも、映画初披露の喜びを垣間見せる。

山本は「私、少し口が滑りがちなのでネタバレにならないように頑張ります(笑)」と挨拶。その言葉が物語るとおり、予測不能サスペンスにして、数多くの伏線が張り巡らせられている本作。岩田は、原作を読んだ感想を尋ねられ「ダマされました(笑)。原作小説ならではの描写と言いますか、実際に映画化されたらどういう映像作品としてまとまるのかと、とても興味がありました。そして、結末を知ったときに、また最初から読み返したくなるような作品でしたし、僕は物語の終わり方に衝撃を受けました」と。

山本も続けて「説明を受けて小説を読んだのですが、すっかり忘れていて。完全にダマされました。終盤ですごいことが起きるのですが……(衝撃のラストに)これいいの? 大丈夫? って思ってしまいました(笑)」と笑顔を見せた。

ふたりがダマされた“罠の仕掛け人”である中村は「映像化不可能と言われていた作品なので、どうなるのか興味が湧きました」と映画化の話を受けた際の心境を明かし、続けて「脚本を読んだときに、“この手があったか”と。すごく驚いて、僕も映画を観てみたいと思って承諾しました。実際に映画を観させていただいたときに、原作の“核”を見事に捉えていただいていて。さらに映画ならではの変更がまた面白くて、原作者という立場を忘れ一観客として楽しませていただきました。気持ちよく騙されて、素晴らしい映画体験になりました」と大絶賛。

中村から太鼓判を押され「原作者の方に、そういう風に思っていただけて良かったなと思います。僕は原作を読んで騙されたんですけれど、映画で騙し返せて良かったです(笑)」と岩田は喜びを噛みしめた。

瀧本監督は、「映画を観ていただくとわかるかと思うのですが、すごく難しい役なんです。この物語はなかなか語れないんです。ネタバレに踏み込めないという辛さがあります。本当に(ふたりとも)いろいろな顔を演じないといけない役柄で。その時々の感情には、嘘があっちゃいけないということがありつつ、さっきから話しに出ている(映画全体では)騙さなければならないというせめぎ合いのところで、非常に微妙なニュアンスを要求される芝居だったと思うので、すごく大変だったと思うのですが、見事に演じきってくれたなと思っています」とコメント。

これを受けて、岩田は「撮影中は暗く、深く、長いトンネルを走っている気分で、いつ出口が見つかるのかと(笑)。本当に暗中を模索しているような感じでした。監督が夢に出てくるぐらい(笑)。現場に、作品に没頭した作品は初めてで。原作のパワーというか、作品のパワーと言いますか、“耶雲恭介”としての役柄に、自然と取り憑いているかのような感覚がありました」と熱く駆け抜けた撮影期間の心境を語った。

そして、「監督から、とあるシーンで試されているかのように“明日は例のシーンだけど当然寝ないよね?”と言われて…“はい! 寝ません!”みたいなやり取りもあって(笑)。そういう緊張感のある撮影現場でした。そういう雰囲気を作ってくださったのは監督で、このテクニカルな原作を映像化するのは本当に苦労されたと思っています」と続けて話す。

目線ひとつ、振る舞いひとつとっても、すべてのシーンが重要な鍵となるため、ていねいに物語を描ききった監督の演出について「とにかく細かくて……(笑)。ある程度、考えてお芝居しても細かく細かく全部指示されるので……本当に指先までも指示があったので、途中少し嫌になったような……(笑)。それが本当に大変でした」と山本。

その苦労のかいあって、全編通して作品に込められた、監督、キャスト、スタッフの“入魂”がスクリーンに投影される出来上がりに。

また、耶雲が“最愛の人”を巡って対峙することとなる危険な男・木原坂を演じた斎藤工については「おふたりには、事細かにいろんなことを要求したんですけれど……斎藤さんには何も言いませんでした。“あ、木原坂がここにいる”っていう感じが(最初に)カメラの前に立たれた瞬間からありました。映画をご覧になっていただいたらわかると思うのですが、あらたな悪役というか。観終わったあと、ちょっと愛せるんじゃないかなって思います」と監督。

続けて「(CMで)変なかつらかぶったりとか……毎日、毎日(テレビで)顔を見かけるのですが、どこか底が知れないというか。この人は本当はどういう人なんだろうということを想像させるシーンがたくさんありました。映画監督もされているし、実際カメラマンとしての仕事もされているし。この役は斎藤くん以外、考えられないんじゃないかと思います」と斎藤と木原坂との親和性を語った。

その親和性を斎藤と実際に対峙した岩田も感じたようで「迫力満点でした。対面するシーンも多く、木原坂としての斎藤さんの目の奥にある闇みたいなものに、すごく僕は何度もぞっとする体験を撮影中にしました。ずっと撮影中は、木原坂で居てくださっていたので、耶雲を演じるうえで助けていただきました」と語る。

熱く作品に込めた気持ちを思い思いに語る傍ら、映画のタイトルにかけ、“去年の冬、別れを告げたものは?”の質問も。

岩田は「僕は足をよく机だったりいろんな角にぶつけたりするんですけれど……夏頃にぶつけた際に大きな血豆を作ってしまって。それが、育って冬になってようやく血豆の色がついている部分が全部爪切りで切ることができました(笑)」と無邪気に返答。

続けて、山本が「“美の秘訣は?”のような質問を、よく取材の時に質問されるんですけれど、何もしてないですって言うと、結構そんなわけないでしょと言われることがあるので……もう、そういう風に言われたくないので、ジムに行き始めました。何にもしてないっていう自分と別れました(笑)。モデルさんみたいなことをするようにしました!」と答え、会場の笑いを誘うひと幕も。

最後は、岩田が「この作品は観た方すべてが、裏切られる・騙される、そんな予測不能のサスペンスになっています。これからスクリーンの中で起こること、一瞬たりとも目を離さずにお楽しみください! 自分は瀧本監督のディレクションの元、精いっぱい演じさせていただきました。本当に魂を込めた作品です。これからどんどん、この作品を盛り上げていけたらと思っております!」と並々ならぬ想いを込めた意気込みをコメント。期待感が充満するなかイベントは終了した。

映画情報

『去年の冬、きみと別れ』

3月10日(土)全国ロードショー

監督:瀧本智行

脚本:大石哲也

音楽:上野耕路

出演:岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Brothers)

山本美月、斎藤工 ・ 浅見れいな / 北村一輝

原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(C)中村文則/幻冬舎

映画『去年の冬、きみと別れ』作品サイト

http://fuyu-kimi.jp

EXILE/三代目JSB・岩田剛典、映画『冬きみ』の過酷な撮影についてコメント。「監督が夢に出てきた(笑)」

EXILE/三代目JSB・岩田剛典、映画『冬きみ』の過酷な撮影についてコメント。「監督が夢に出てきた(笑)」

EXILE/三代目JSB・岩田剛典、映画『冬きみ』の過酷な撮影についてコメント。「監督が夢に出てきた(笑)」

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.