【レイヤー図鑑】『ジョジョ』の世界観を表現 こだわりのコスプレ写真一挙公開

 大阪府の箕面で21日、コスプレイベント『acosta!@みのおキューズモール』が開催された。オシャレなショッピングモールの中で撮影が出来るとあって、当日は大勢のレイヤーが参加してくれた。一般のお客さんで賑わうモール内を、こだわりのコスチュームで闊歩している。そんな人ごみの中、頭1つ抜け出したシルエットが…。その特徴的なリーゼントは、まさかあの人気漫画のコスプレ?

【写真】寒さ吹き飛ばす“美ボディ”大胆披露 美麗レイヤーまとめ

 そのエリアだけは箕面ではなく“杜王町”にいるかのような、そんな独自のオーラを放っていたのが、めるてぃまさをさん扮する東方仗助。『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の人気キャラだけあって、その風格とリーゼントは圧倒的な自己主張を放っている。

「リーゼントはウィッグをノリで固めたけど、すごい手間がかかった。衣装は卸問屋で布を買ってきて制服風に作りました」(めるてぃまさをさん)

 かなりのクオリティの高さで周囲の注目も集めていたおり、そんな時でもジョジョ立ちは忘れない茶目っ気ぶりも高評価。『ジョジョ』の魅力を聞いてみると、非常に長く熱弁されたのだが、まとめると「人間賛歌は勇気の賛歌! 本当に荒木先生は神!」とのこと。

 キャラになりきり、その世界観にドップリ浸かれるのがコスプレの醍醐味。「ジョジョのキャラで結婚したいのは第2部のワムーだけど、今度コスプレしてみたいのはシーザー」と話す、めるてぃまさをさん。その際には、ぜひとも“血のシャボン玉”を再現してほしい。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.