高橋一生、竹内涼真、吉岡里帆らが新人賞 「2018年 エランドール賞」受賞作品・受賞者発表

【エランドール賞/モデルプレス=1月23日】22日、「2018年 エランドール賞」が同賞の公式サイトにて発表された。新人賞には、高橋一生、門脇麦、竹内涼真、杉咲花、ムロツヨシ、吉岡里帆が選ばれた。

【さらに写真を見る】新人賞6人のソロショット

◆2018年 エランドール賞


1956年にスタートした「エランドール賞」は優れた映画・テレビの作品、プロデューサー、俳優の顕彰制度(選考対象期間:2016年12月1日〜2017年11月30日)。「新人賞」は出演した作品で新鮮かつ優秀な演技を示し、将来有望な新人俳優に贈られる。

新人賞6人のほか、プロデューサー賞には「三度目の殺人」(映画)の松崎薫氏、「カルテット」(テレビ)の土井裕泰氏、佐野亜裕美氏、プロデューサー奨励賞には「22年目の告白 -私が殺人犯です-」(映画)の北島直明氏、小出真佐樹氏、「ひよっこ」(テレビ)の菓子浩氏、「奥様は、取り扱い注意」(テレビ)の枝見洋子氏、特別賞には「精霊の守り人」制作チーム、「やすらぎの郷」制作チームがそれぞれ選ばれた。

このほか、アクターズセミナー受賞者として、小出薫、鈴木勝大、真凛、百瀬美鈴、谷口翔太、唯月ふうかを選出。

以下、新人賞を受賞した6人のプロフィールと出演作。

◆高橋一生


1980年12月9日生、東京都出身。

【映画】「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-」
【テレビ】「カルテット」「おんな城主 直虎」「わろてんか」「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」

◆門脇麦


1992年8月10日生、東京都出身。

【映画】「彼らが本気で編むときは、」「こどもつかい」「世界は今日から君のもの」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「KOKORO」
【テレビ】「リバース」「悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜」

◆竹内涼真


1993年4月26日生、東京都出身。

【映画】「帝一の國」「 LAST COP THE MOVIE」
【テレビ】「THE LAST COP/ラストコップ」「ひよっこ」「過保護のカホコ」「陸王」

◆杉咲花


1997年10月2日生、東京都出身。

【映画】「無限の住人」「メアリと魔女の花」
【テレビ】「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017『影女』」

◆ムロツヨシ


1976年1月23日生、神奈川県出身。

【映画】「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」
【テレビ】「勇者ヨシヒコと導かれし七人」「おんな城主 直虎」「愛を乞うひと」「スーパーサラリーマン左江内氏」

◆吉岡里帆


1993年1月15日生、京都府出身。

【映画】「STAR SAND-星砂物語-」
【テレビ】「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」「カルテット」「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」「朗読屋」「ごめん、愛してる」

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)