西川貴教「記念碑的なイベントに」 9月に10回目の『イナズマロック フェス』

 歌手の西川貴教が22日、今年で10回目を迎える『イナズマロック フェス 2018』を9月22・23・24日の3日間にわたって滋賀・烏丸半島芝生広場で開催することを発表。三日月大造滋賀県知事を表敬訪問し、地元の協力を要請した。

【写真】西川貴教、鍛え上げられたバキバキの筋肉美

 滋賀ふるさと観光大使を務める西川が発起人となり、琵琶湖の水質保全と地域振興をテーマに掲げて2009年から行われている『イナズマロック フェス』は、滋賀県下最大の大型野外ライブイベント。昨年は台風接近の影響により、9月17日の最終公演が中止となったが、9月15日に行われた『イナズマロック フェス 2016 リターンズ』もあわせた2日間で、全国から8万人を動員した。

 三日月知事は「これまで10年続けていただき、さらに今年の10回目にこれまでの重なる思いを持ってやっていただけることに興奮を覚えます。水の未来、琵琶湖の未来にみんなが思いを寄せて、そこで感謝したり、その中で自分のできることをしていこうという、そんなきっかけになるイベントになればと思います。私も参加することのみならず、西川さんのそういった思いをしっかりと受け止めて、より多くの方に伝えていく役割を果たしていきたい」と協力を約束。悪天候により、2年連続で最終日の公演が中止となっていることから「今年こそ3日間晴れることを祈っています」と好天を願った。

 これを受けて西川は「10年続けてこられたのは県民のみなさんのご協力があってのことです。まずは県のみなさんに喜んでいただけるイベントに、また県外の方にもこのイベントを通じて滋賀県のことを知っていただけるようなものでありたいと思います。『イナズマフードグランプリ』など派生イベントも定着してきましたので、一部地域のみならず、県全体が活性化するようなイベントに育てていきたいと思っています」と意気込みを語った。

 また、草津市役所で橋川渉草津市長とも面会。橋川市長が「イナズマは県外の方にも琵琶湖の自然環境を間近で見て知っていただける、地域にとって良いアピールができる機会です。お盆の時期に行われるフードグランプリも含めて、年々市内でもイナズマに協力的な方が増えています」と話すと、西川は、「毎年の恒例行事ととらえていただけるのはうれしいこと。昨年中止になった分の思いも含めて、10回目はさらに記念碑的なイベントにできればと思っています」と意欲をみせた。

 西川は、昨年9月に開催した『イナズマロック フェス 2017』の収益の一部である125万円を滋賀県に、25万円を草津市に寄附。また、イベント出演者が実施した、琵琶湖環境保全のためのチャリティーオークションの売上金42万7083円も滋賀県に寄附した。 </span>

Let's block ads! (Why?)