塚本高史、不倫ベッドシーン撮影に本音 中村倫也も嘆く<ホリデイラブ>

【塚本高史/モデルプレス=1月22日】女優の仲里依紗が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ『ホリデイラブ』(2018年1月26日スタート、毎週金曜午後11時15分〜※一部地域をのぞく)の制作発表記者会見が22日、同局にて行われ、仲、塚本高史、中村倫也、松本まりか、山田裕貴、飯島寛騎、岡田龍太郎、壇蜜、平岡祐太が登壇した。

仲里依紗、濃厚濡れ場の主演ドラマ予告編に「18禁」「白目むきそう」

◆不倫ベッドシーンをクリスマスに撮影


同作は、愛する夫・純平(塚本高史)と娘に支えられ、ごく普通の幸せな家庭を築いていた高森杏寿(仲)が、夫の浮気をきっかけに壊れてしまった夫婦の絆を結び直し、“夫婦再構築”を目指して正々堂々と戦うストーリー。可愛らしい顔の裏で強い執着を持って“純平を誘う女”井筒里奈を松本が、その夫で“一見エリートだが実はパワハラ夫”の井筒渡を中村が演じる。

公開された予告での純平と松本演じる里奈の浮気現場のシーンがすでに話題を呼んでいるが、撮影は昨年のクリスマスだったといい、「スケジューラーさんの悪意を感じる(笑)」と恨み節。

12月24日に31歳の誕生日を迎えた中村は翌日に浮気現場を目撃する撮影ということで、「嫁が知らない男と裸で抱き合っているところを見る、そんな31歳の幕開けでした。何が悲しくて…。良い1年になりそうです」と自虐しながら回顧。

塚本は「純平は本当に馬鹿だなと」と自身の役について話し、「実際の僕は違いますよ!そんなことないんですけど、『純平違うよ!』って観て頂ければ」としっかりと説明した。

2人の娘を演じる渋谷南那ちゃんは2人にかなり懐いてるらしく、塚本は「撮影以外で戯れてることが多い。すごいチューされてる。5歳じゃなかったらいけないことをされてる」と苦笑しながらエピソードを披露。「現場に来てる(南那ちゃんの)お母さんと僕が結婚してって言われてます。リアル不倫ですよね」と苦笑したが、仲は「パパが来るとすごくパパの方に行ってくれるんで、助かります」と塚本の子煩悩ぶりに感謝していた。

◆仲里依紗、再び浮気される妻に


同作は、「マンガボックス」にて連載中の原作・こやまゆかり氏、漫画・草壁エリザ氏による『ホリデイラブ〜夫婦間恋愛〜』の初のドラマ化作品。

夫に浮気される側の正妻、“サレ妻”を主人公に据え、夫婦サイドの純愛にフォーカスした本作品。不倫という日常に潜む罠をサスペンスフルに描写しながら、“正妻と夫婦愛の正義” そして試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛ドラマとなる。

イベントでは夫婦役を演じる仲&塚本、松本&中村の2組がウエディングドレスにタキシードの結婚式さながらの衣装で登壇した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)