仲里依紗、もし夫に浮気されたら?“国外追放”を要求<ホリデイラブ>

【仲里依紗/モデルプレス=1月22日】女優の仲里依紗が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ『ホリデイラブ』(2018年1月26日スタート、毎週金曜午後11時15分〜※一部地域をのぞく)の制作発表記者会見が22日、同局にて行われ、仲、塚本高史、中村倫也、松本まりか、山田裕貴、飯島寛騎、岡田龍太郎、壇蜜、平岡祐太が登壇した。

仲里依紗、濃厚濡れ場の主演ドラマ予告編に「18禁」「白目むきそう」

◆仲里依紗、夫に浮気されたら?


同作は、愛する夫・純平(塚本高史)と娘に支えられ、ごく普通の幸せな家庭を築いていた高森杏寿(仲)が、夫の浮気をきっかけに壊れてしまった夫婦の絆を結び直し、“夫婦再構築”を目指して正々堂々と戦うストーリー。

会見では、ドラマの内容にちなみ、「パートナーの浮気が発覚したらどのような行動をとるか?」と質問がキャスト陣に投げかけられた。

仲は笑顔で「私でしたら一生会わないであろう国外へ行って欲しいですね。時差があって欲しい。同じ時間に寝てるんだ〜とか考えるのもすごく嫌なので時差があると何してるか分からないので。入国禁止例というか」と“国外追放”を提案。相手の女性には執着しないそうで、「引っかる方が悪いと思うので」と辛口な考えを明かした。

これに塚本は「こえ〜な〜国外追放とか」と戦々恐々。一方、塚本は「僕は許すと思いますね、プロセスは分かんないんですけど許すとしか言えない」と正反対の回答をしていた。

可愛らしい顔の裏で強い執着を持って“純平を誘う女”井筒里奈を松本が、その夫で“一見エリートだが実はパワハラ夫”の井筒渡を中村が演じるが、中村は「へこみますね…へこみます」とすっかり役を忘れて、小声に。「恋愛って全部男の責任って思い込んだ方が健康的。(相手に)どうしたいの?って聞くと思います」と塚本同様、厳しい態度はとれないよう。

それに対して松本は「徹底的に聞きます」と浮気のプロセスを事情聴取すると回答。中村は「渡がいました」と渡ばりの松本の答えに驚いた様子で、松本の回答に共感できるか聞かれた仲は「気持ちは分からなくないんですけど、色々聞いたらフラッシュバックしちゃうので、なるべく知らずに飛行機に乗ってもらいたい」と苦笑した。

壇蜜は、「とりあえずパソコンの前に座らせてグロ動画を見せますね。捕食シーンとか」と斜め上のコメント。それをされる恋人の立場だったら?と司会者から質問が飛ぶと、塚本は「意味がわからない」と首を振り、平岡が「この人と別れた方が良いかなって思います」とおとし、笑いを誘った。

◆仲里依紗、再び浮気される妻に


同作は、「マンガボックス」にて連載中の原作・こやまゆかり氏、漫画・草壁エリザ氏による『ホリデイラブ〜夫婦間恋愛〜』の初のドラマ化作品。

夫に浮気される側の正妻、“サレ妻”を主人公に据え、夫婦サイドの純愛にフォーカスした本作品。不倫という日常に潜む罠をサスペンスフルに描写しながら、“正妻と夫婦愛の正義” そして試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛ドラマとなる。

イベントでは夫婦役を演じる仲&塚本、松本&中村の2組がウエディングドレスにタキシードの結婚式さながらの衣装で登壇した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)